女性・少女漫画

【青島くんはいじわる】第40話ネタバレ|忙しさで余裕を失っていた雪乃を!?

『青島くんはいじわる』のネタバレ記事まとめはこちら↓

https://www.vlhl.jp/aoshimakun-matome/

めちゃコミックで連載中の作者名さんの作品『青島くんはいじわる』の第40話のネタバレと感想をまとめました。

《『青島くんはいじわる』の第39話ネタバレおさらい》

随時更新していきます!

前話>>『青島くんはいじわる』 第39話のネタバレはこちら

\ 読みたい漫画が無料で読める /

U-NEXTは31日間無料トライアル登録で600ポイントがGETできます!

※31日以内に解約しても0円!キャンセル手数料はかかりません!

『青島くんはいじわる』第40話「35歳女が結婚できる確率」ネタバレ

雪乃は後輩の木村から書類の確認を頼まれ、はやい仕事ぶりに驚いていました。

すると木村が突然、35歳の独身女性が結婚できる確率を知っているか訪ねてきます。

あまりにも急な質問に雪乃が困っていると、木村はその確率は東大の合格率である約30%より低く難しいのだと答えを言いました。

 

でもゼロでは無いのだと続けた木村は、自分が先日デートすると言っていた彼氏にフラれたことを告白しました。

木村の元カレは入社一年目の若い子が気になり始めたという理由で、蹴婚を考えて2年も付き合っていた木村を振ったと言うのです。

雪乃は26歳の木村を十分若いと言いますが、木村は雪乃と比べれば若くてもアラサーなのだと答えました。

 

木村は結婚を焦っていたのですが、ゼロではないと思うことができて気持ちが少し楽になったと雪乃に微笑みかけます。

雪乃はいまいち喜べないことを言われた気がしました。

それでも木村が嬉しそうにしているので、それはそれで良いかという気持ちになります。

 

その夜。

新居で荷ほどきをしていた青島が雪乃に、家具屋から注文していたベッドフレームの到着が1週間遅れる連絡があったことを報告しました。

その日は雪乃が今まで住んでいた方のマンションの引き渡しで、雪乃は都合がつきません。

せっかく予定を合わせていたのですが、仕方がないので青島にお願いします。

青島はどうせネット工事もその日に入る予定になっているから問題ないと、引き受けてくれました。

 

雪乃は開封している荷物とメモ帳を照らし合わせて、準備していたつもりでも足りないものが出てきていると困った顔をしています。

そして明日の仕事の帰りに、前のマンションに寄る予定だから遅くなることを青島に伝えました。

 

雪乃はこれからやらなければいけない、不足分の買い物や、元の部屋の郵便物のチェックに掃除。再来週にあるドレスの試着。結婚式の最終打ち合わせにメールの返事など、やらなければいけないことの段取りを頭の中でしています。

青島はその姿をじっと見ていました。

 

雪乃はお隣に渡せていない引越しの挨拶用の粗品を見て、まだ挨拶ができていないことを思い出します。

雪乃はなかなか会えないお隣でも、なるべく早く挨拶を済ませないと失礼になると言って、今から慌てて挨拶に行こうとしました。

青島はそんな雪乃にストップをかけ、今日はもうおしまいと言います。

驚いている雪乃に青島は、挨拶が気になるならメモを1枚入れて改めて行けばいいというのです。

 

部屋の中もだいぶ片付き、なんとでもなる状況になっているのだから、今はしなければいけない事よりしたい事する時間にしようと提案しました。

青島の提案で雪乃は自分が、怖い顔になっていたのだろうと気が付きます。

青島は雪乃がキャパオーバーになっていたことに気が付いて、ゆっくりする時間を提案したのです。

 

何をしたいか聞かれた雪乃は、ゆっくりお風呂に入って飲みたいと答えました。

雪乃の要望どおり、お風呂から上がって2人は呑んびロお酒を口にします。

青島は雪乃が本当に幸せそうにお酒を飲むと、笑いました。

雪乃は幸せだからと満足げに微笑みます。

 

すると青島は、これからもっと楽しい事や嬉しいことがいっぱいあるのだから、そんなにすぐに満足しないで欲しいと雪乃を見つめました。

顔を赤くした雪乃は結婚生活が不安になって来たと、青島の膝に倒れ込みます。
甘やかされてしまうと、自分がダメになりそうだというのです。

青島はその時は自分が締めるから安心して甘えていいと雪乃の頭を撫で、ずっと青島のことを一番で居てと微笑みかけました。

そして式場にお願いしていた、結婚式の招待状がみんなの元にゾクゾク届き始めます。

青島の母・坂本の元にも届き・・・。

>>『青島くんはいじわる』第41話ネタバレに続く

青島くんはいじわる』の最新話を無料で読む方法

青島くんはいじわる』はめちゃコミオリジナル作品のため、めちゃコミック以外では配信されておらず、無料で読む方法はありませんでした。

青島くんはいじわる』を読みたい場合は、めちゃコミで1話50円で配信されていますので、購入して読むしか方法はないようです。

シバコロ
シバコロ
漫画好きの人におすすめ!電子書籍サービスで漫画を無料で読める方法があります。

電子書籍サービスでは無料会員登録でポイントやクーポンを特典でもらうことができます。

\電子書籍サービスの特典/

サービス名 特典
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント

この無料会員登録でもらえるポイントを使って読みたい漫画を無料で読むことができます。

ミケネコ
ミケネコ
 この中でも私がおすすめなのが【U-NEXT

31日間無料トライアル登録で600ポイントがGETできます!

このポイントを使って読みたい漫画を無料で楽しむことができますよ♪

\ 読みたい漫画が無料で読める /

U-NEXTは31日間無料トライアル登録で600ポイントがGETできます!

※31日以内に解約しても0円!キャンセル手数料はかかりません!

『青島くんはいじわる』第40話「35歳女が結婚できる確率」感想まとめ

後輩の木村の発言は、雪乃をバカにしているかのような発言に聞こえなくもないですが、雪乃は自分が結婚することになって心の余裕があるのでしょう。

腹を立てることはありませんでしたね。

雪乃のおかげで結婚に焦らなくても良いと思えるようになったという意味合いもあり、微妙なラインではありますが、先輩に言う言葉としては不適切じゃないかと少しヒヤヒヤしました。

それにしても、さすが青島。

あれも。これも。と手一杯になって、気が抜けない雪乃を、上手くセーブさせました。

一所懸命にやるのは雪乃らしいのですが、青島がセーブしないと突っ走ってしまうので、本当にこの2人は出会うべくして出会った感じがします。

雪乃の方が年上なのに、しっかりした青島が手助けして。

今後もずっと仲が良い夫婦でいてほしいものです。

そして、招待状が坂本の所にも届きました。

坂本は結婚式の参加を、どんな風に決断をするのでしょうか。

>>『青島くんはいじわる』第41話ネタバレに続く

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!