女性・少女漫画

【明日、私は誰かのカノジョ】132話ネタバレ|ぎくしゃくした関係の隼斗と留奈は…?

サイコミで掲載中の『明日、私は誰かのカノジョ (をのひなお先生)』の第132話のネタバレと感想をまとめました。

【『明日、私は誰かのカノジョ』前話あらすじ】

随時更新していきます!

\『明日、私は誰かのカノジョ』が無料で読める

※ポイント購入で9,000pt還元キャンペーン実施中!登録は3分で完了です!

『明日、私は誰かのカノジョ』第132話ネタバレ

◆留奈の行動

その日、隼斗は留奈が誹謗中傷を送ってくるファンたちを訴えようとスクリーンショットを取るのを見て、もやもやとしていました。

隼斗自身、一緒に活動しているメンバーの1人からは『今は彼女のことを優先に考えてあげよう。隼斗がちゃんと守ってあげるんだぞ』なんて言われていて、留奈を守ってあげなきゃと考えているものの…やっぱり、留奈の台詞には色々、引っかかりを覚えてしまうのです。

 

「どうせ、こうやって悪口書いてるやつらは、何も考えずに誹謗中傷しているんだから感覚が麻痺してるんだよ。そんなの、思い知らせないと!!」

そんな風に話す留奈。

ですが、隼斗はやっぱりそんな留奈の考えに同調することが出来ないのです。

◆それぞれの立場

「留奈…でも、俺の立場も少しは考えて欲しいって思うんだ」

そう話し始めた隼斗。

「だって、俺さ…リスナーも増えてきて、配信者としてもやっと活動に乗ってきたんだよ。…今回のことで勿論、ライブにも影響が出来るし、今後の活動が出来るか簿妙だけど…それでも俺がどうにかするから、留奈には今そんな風に訴えないでほしい」なんて告げるのです。

その後も、自分が謝罪放送をするからだとか、リスナーをこっちでコントロールするからなんて、留奈には説明してくる隼斗。

ですが、正直それらは留奈にとって鼻で笑ってしまうようなレベルのものでした。

 

「はっ…あのさ、明日どうにかするっていうんじゃなくて、今起きてんだよ。そもそも、今回の事件だってちゃんとファンのこと【洗脳】できてないから、信者たちがこうして暴走するんだよね?」

隼斗の言葉に冷たくそう返した留奈。

しかし、隼斗が洗脳という言葉に顔をしかめたのを見ると、更に続けます。

「だって洗脳じゃない?夢見させて承認欲求を煽って、推すことが幸せだって感じさせているわけでしょ、こっちが私生活犠牲にまでしてさ?そういうのって、洗脳って言わないでなんていうわけ?」

留奈には、自分の仕事自体をまとめて洗脳だと言われたように思えた隼斗。

勿論、隼斗もそんな留奈の台詞には納得できませんでした。

◆お互いの気持ち

「そんな言い方するなんて酷い!!ファンって言ったって、今暴走しているのはごく一部だし、前からずっと応援してくれているファンだって居るし、洗脳とかって俺にも失礼じゃない?それに、【人がどんなものを好きになったって、それにどんな風にお金や時間を掛けたって他人が否定できるわけない】でしょ!!!留奈はそうやって、何かに本気で好きになったことはないわけ?今までそんなものがなかったから、そんな台詞が言えるんじゃないの!!!!」

結局、隼斗がその場で留奈に告げたのは、留奈を否定するような台詞ばかりでした。

そうして、気持ちが高ぶってしまい、言葉が止まらなくなってしまう隼斗。

「それに洗脳っていうなら、留奈が今、洗脳されているってお金じゃないの?俺のこと好きっていうならさ、なんでその仕事を辞めないわけ?」

 

結局、2人はお互いにぎくしゃくしてしまいます。

そうして、留奈は、そんな風に告げてくる隼斗に『もうだめだ…』なんて感じていました。

◆これからの関係

『このままいくと私…きっと隼斗のことを妬ましくなる』

隼斗とのやり取りでそんなことを感じてしまった留奈。

今まで隼斗と一緒にいた時間も楽しくて、隼斗の素直なところや、わけ隔てがない優しさなんかに惹かれたものの…今はどうしてもそんな部分が重く感じてしまったのです。

『きっと私が、今みたいにお金が稼げなくなって自分が保てなくなったとき、きっと隼斗の仕事を許せなく思うときが絶対来るし、私自身がこのままだと嫌な奴になっていくだけだ』

そんな風に感じて、落ち込んでしまった留奈。

そうして留奈は、少しだけ落ち着くと、自分が原因で今回の隼斗との関係がバレてしまったことを謝ります。

ですが、そんな留奈に「俺がきちんとこの界隈のことを教えとかなかったから」なんて謝り返す隼斗。

 

「…洗脳、ね…」

その後、留奈はそんな台詞をぽつりと呟くと、俯いてもやもやと考え込んでいました。

シバコロ
シバコロ
『明日、私は誰かのカノジョ』第132話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第132話では、本編の中ではぎくしゃくしている2人のやりとりが描かれていましたが、回想シーンの中では隼斗と留奈がめちゃくちゃ可愛く、笑い合っているシーンがありました。

…この頃が懐かしいなぁと思えましたし、ぜひぜひおススメのシーンです!!

『明日、私は誰かのカノジョ』第132話感想まとめ

留奈と隼斗の関係がぎくしゃくしてしまいました…。

今回の事件ですが、今後の留奈に関しても心配ですよね?

職場も顔も、ネットには晒されてしまっている留奈。

なにか危ない事件に巻き込まれない…なんて保証はないと思いますし、なにより、隼斗の方が留奈と同様にファンたちのことを大事に考えているので、隼斗が今後絶対に、留奈のことを守ってくれるわけでもなさそうなんですよね…。

 

ファンも今の仕事も捨てて留奈のことを選んでくれるわけでもなく、ただ、今の仕事を続けたくて、留奈にも我慢してほしいなんて告げてくる隼斗。

もう留奈にとってはめちゃくちゃ辛い台詞だと思います。

一体、今後の2人の関係がどうなってしまうのか?

次回のお話も待ちきれません!!

\『明日、私は誰かのカノジョ』が無料で読める

※ポイント購入で9,000pt還元キャンペーン実施中!登録は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!