マンガネタバレ

【誓い合えない私たち】11話ネタバレ|水越の想いを美久は受け止めようとするが…

『誓い合えない私たち』の全話ネタバレまとめはこちら↓

https://www.vlhl.jp/chikaiaenai-matome/

綾の作品『誓い合えない私たち』の第11話のネタバレをご紹介します。

《『誓い合えない私たち』の10話ネタバレおさらい》

随時更新します!

前話>>『誓い合えない私たち』10話のネタバレはこちら

\コミック.jpで『誓い合えない私たち』が無料で読める!/

無料トライアル申込みで1350円分のポイントがもらえます。いつでもキャンセルできます。

『誓い合えない私たち』第11話ネタバレ

美久は、美味しいかどうか分からないけど…と言い作ってきた水越にお弁当を渡します。

水越はもしかしたら冗談にとらえられたかもしれないのに、本当に自分のために作ってきてくれたのだと、嬉しい思いがこみあげます。

そして赤らめた顔で美久にお礼を言います。

そんな水越を見て、昔は亮も水越と同じくらい喜んでくれていたなと美久は懐かしい感情に浸っていました。

そんな時水越の背中越しにいた竹内と目が合います。

一連の行動を見ていた竹内は美久のことを冷ややかな目で見つめ、何も言うこともなくその場を立ち去ります。

美久はこのままではいけないと思い、水越と別れ竹内の元へと足を運びます。

 

仕事の休憩中煙草を吸っていた竹内の元を訪れる美久。

美久の登場にどうかしたのかと明るく問う竹内に、美久は勇気を持って話しかけます。

美久は確かに今の自分はズルいかもしれない、けれど自分に勇気を出して告白してくれた水越のことを真剣に考えたいから、少し時間をくださいと竹内に話します。

そんな言葉に竹内は、美久のことを少し誤解していたかもしれないと美久に謝ります。

竹内は、美久が水越の好意を知っていて、水越のことを振り回しているから男慣れしているんだと思い込んでいました。

それを聞いて、美久は驚きます。

美久は水越が自分に好きだとアピールしていることを知らなかったのです。

 

しかし水越のことをしっかりと考えてくれているのが分かり、竹内は良い答えが出るのを待っていると言い美久の頭をなでまわします。

美久は頭をなでられたことに赤面するも、竹内の感情の切り替えが早いなと感じるのでした。

 

数時間後、再び水越と会う美久。

水越はお弁当を洗って後日返すと美久に言います。

美久はお弁当箱持って帰ると、明日の分が作れないと水越に言うと、水越は明日も作ってほしいという思いですぐに、お弁当箱を美久に返します。

すると水越はお弁当のお礼に仕事終わりに、一緒に夕ご飯を食べに行きませんかと美久を誘います。

 

一瞬亮のことが頭によぎる美久。

そんな美久の様子を見て、今の自分の言葉忘れてほしいと言おうとするも、美久は行こうと言って水越の誘いを受け入れます。

断られると思っていた水越は嬉しさのあまり、絶対に定時に仕事を終わらせると大声で美久に言います。

水越は、彼氏よりも自分を優先してくれた美久に対して脈アリなのではないかと思い始めます。

 

そして仕事が終わり、ふたりは夕飯を食べにお店へ行きます。

そこのお店は水越が何回か訪れたお店で、いつか彼女ができたら彼女と行きたいと思っていたお店だと美久に言います。

思わず出た自分の言葉に照れる水越。

水越は、彼氏面をしている訳ではなくて、ただ単に美久に美味しいと思ってもらえたらなと思ってと必死に美久に伝えます。

そんな水越と同じように照れる美久。

そして料理を注文しようと店員を呼ぶふたり。

現れた男性の店員は美久の顔を見て、武井じゃないかと美久に言うのです。

>>『誓い合えない私たち』 第12話ネタバレに続く

『誓い合えない私たち』第11話感想まとめ

美久と水越が付き合うまでのお話かなと思えるような回でした。

もうこのまま水越とお付き合いすればいいのに…と思ってしまうほど。

亮との関係が上手くいっていない中、このように自分のことを思ってくれている男性がいたらダメだと分かっていても、振り向いてしまう気持ちも分かるような気もします。

現に美久も、水越の思いを受け止めようと考える時間を自分に設けたり、水越の誘いを受け食事に行ったり、美久も水越に対して少しばかり恋心というのかは分かりませんが、そういう感情が芽生え始めたのかなと感じました。

そして最後に出てきた店員の男性。

美久のことを苗字で呼んでいたので、昔付き合っていたという関係ではなさそうかなと思いました。

高校の同級生でどちらかがもしかして好意を持っていて、付き合うまでには至らずそのまま卒業してしまったとか…などなど様々なことが考えられますが、次のお話を読んでみるまで色々予想をたてたいです。

>>『誓い合えない私たち』 第12話ネタバレに続く

『誓い合えない私たち』の最新話を電子書籍で読む方法

『誓い合えない私たち』を電子書籍で読む方法を調べてみると、コミック.jpで無料で読む方法があることがわかりました。

コミック.jpでは無料会員登録をすると、入会時に1P=1円で使えるポイントを1350ポイントもらうことができます。

このポイントを使えば、1話220円で配信されている『誓い合えない私たち』を、最大6冊実質タダで読むことができちゃいます!

『誓い合えない私たち』を配信している電子書籍サービスは?

『誓い合えない私たち』を配信している電子書籍サービスも調べて、以下の表にまとめました。

サービス名 配信状況 特典
・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
・割引クーポン配布
・購入金額の最大50%ポイント還元

『誓い合えない私たち』は複数の電子書籍サービスで配信されていました。

その中でも、個人的には無料トライアル登録でもらえるポイント数が一番多いコミック.jpが一推しです。

コミック.jpでは、誓い合えない私たち』と同じ【恋愛・ラブコメ】ジャンルの作品が配信されていてポイントを使えばタダで読めます。

まとめ

『誓い合えない私たち』のネタバレと感想をご紹介しました!

『誓い合えない私たち』は、U-NEXTコミック.jpの無料トライアルに申し込んた時にもらえるポイントを使うことで、無料で読むことができますよ。

この機会にぜひ読んでみてくださいね!

\コミック.jpで『誓い合えない私たち』が無料で読める!/

無料トライアル申込みで1350円分のポイントがもらえます。いつでもキャンセルできます。

無料でお得にマンガを読めるおすすめサービス【ランキングTOP3】

電子書籍サービスでは、お試し期間やポイントバックなどマンガをお得に読むことができるキャンペーンを行っていることがあります。

数ある電子書籍サービスの特徴や配信されている作品数などを、オススメ順にランキングにまとめました!

筆者も実際に使ってみた安心のサービスですので、是非チェックしてみて下さい♪

U-NEXT

マンガのサブスクリプションといえば『U-NEXT』と言うほど人気のあるサービス!
マンガはもちろん、動画や書籍も楽しめます。

登録時に1,200ポイントが貰えるので、読みたいマンガが実質タダですぐに読めちゃいます♪

購入金額の最大40%がポイントバックされるので、気になる作品をポイントでお得に楽しめます!
おすすめ度
特徴
  • 【1】無料トライアル期間中もマンガが読める
  • 【2】ほとんどの作品が1~3巻までは無料
  • 【3】会員登録すると毎月1,200円分ポイントが付与される
  • 【4】マンガ購入で最大40%のポイントバックがある
マンガ作品数 約210,000作品
こんな人にオススメ
  • とにかく無料でマンガを読みたい
  • マンガの他にも映画や書籍も楽しみたい
  • マンガのサブスクを試してみたい

U-NEXT公式サイトへ

コミック.jp

国内最大級の作品の品揃いがある『コミック.jp』

毎月1350円分のポイントが貰える & 1冊購入ごとに10%のポイント還元があります。

お得にマンガを読みたい人にオススメ!

購入した作品は、サービス退会後も読むことができるところも安心ですね♪
おすすめ度
特徴
  • 【1】マンガの品揃えが国内最大級
  • 【2】無料マンガの品揃えが豊富
  • 【3】月額料金無料キャンペーンをしている
  • 【4】ポイントキャッシュバック率が高い
  • 【5】購入した本は退会後も読める
マンガ作品数 約130,000作品
こんな人にオススメ
  • 無料でマンガを読みたい
  • 購入したマンガを退会後も読み続けたい
  • 話題作よりマイナーな作品が好き

コミック.jp公式サイトへ

まんが王国

無料で読める作品数の多い『まんが王国』

ポイントバック率は、最大なんと購入金額の50%!!!

購入すればするほど、かなりお得にマンガを読むことができちゃいます!

マンガ好きには堪らないサービスですね♪
おすすめ度
特徴
  • 【1】無料まんがの作品数が多い
  • 【2】試し読みできる作品が、業界最多数レベル
  • 【3】ジャンルも幅広く豊富に取り揃えられている
  • 【4】継続して利用するとクーポン券がもらえる
  • 【5】ポイントバック率が高い
マンガ作品数 約80,000作品
こんな人にオススメ
  • とにかく無料でマンガを読みたい
  • 安くマンガを読みたい
  • マンガの試し読みがしたい

まんが王国公式サイトへ

 

 

error: Content is protected !!