TL漫画

【発情する運命~エリートαの理性が限界】12巻ネタバレ|自分の気持ちがわかったすみれが向かう先は

乙女チックで掲載中の『発情する運命~エリートαの理性が限界(七緒リヲン先生)』の第12話のネタバレと感想をまとめました。

【『発情する運命~エリートαの理性が限界』前話あらすじ】

橘さんに別れを告げるすみれでしたが、想いは断ち切れないままでした。そんな心情からか毎日のように橘さんがすみれの夢の中に出てきます。夢の中でも現実でも満たされないすみれは何が正解だったのか分からなくなってしまいます。

\『発情する運命~エリートαの理性が限界』第12話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『発情する運命~エリートαの理性が限界』第12話ネタバレ

◆美優は実はα!?属性に偏見をもっていたのは…

自分の気持がわからなくなったすみれは一人カフェで物思いにふけます。

そんな姿に気が付いたカフェ店員の美優はすみれに声をかけます。

一人が珍しいね、と伝え、おすすめのフォンダンショコラを勧めます。

しかし食欲が沸かないのか、今日はドリンクだけで…とすみれは伝えます。

その様子に何か思い悩んでいることに気が付いた美優は、注文に入ってないフォンダンショコラをおごってあげます。

そして休憩時間だったため、すみれと同じテーブルにつきどうしたの?と話を聞いてあげるのでした。

すみれから大まかな話をきいた美優は、すみれが好きだった人がαだったことにショックを受けている様子に対し、属性で判断するなんて意外だな…と伝えます。

その言葉に驚くすみれ。

そして美優は続けてすみれに問いかけます。

私の属性はなんだと思う?その問いかけにすみれは考えます。

美優はαの発情に怯える様子もないことから、人口の7割いるβなのでは?と答えます。

その答えに美優は否定をし、私、実はαなの、と伝えました。

その意外な属性に驚きを隠せないすみれ。

αは属性の頂点にたってて、エリートのイメージが強いから、まさか小さなカフェで働く私がαだなんて誰も思わないよね、そう差別に厳しく、公平でいたいと考えるすみれちゃんであっても…と美優は伝えます。

その言葉が橘さんの別れ際の言葉とかぶってしまいます。

あなただけは分かってくれると思っていました…あの時の橘さんの言葉はそういう意味だったのかと。

皆無意識に属性に偏見をもっていて、すみれちゃんも辛い思いもしてきたから気持も分からなくないけど…彼がαだという事実意外に、本人自身をいいなと思う所はなかった?と確信をつく質問をすみれに問います。

Ωとして生まれてきて、属性だけで疎まれ、なんでわたしがこんな目に…と思ってきたけど、私もαに対して偏見を持っていたんだ…と気が付きます。

αという事実を知らなければ、橘さんにもっともっと惹かれていたのだと。

そしてαとしてΩの欲情という本能に抗いながら我慢し続けていた橘さんを思い出します。

その行動は全て私の為…それは本能と闘いながら私自身を大切にしてきたことなんだと。

そのことに気が付いたすみれは駆け出しました。

橘さんの目をしっかり見つめながら本当の気持ちを伝えなければ…と。

◆橘さんに本当の気持ちを伝えるもまさかの発情!?

思いのままに走って着いた橘さんのマンションの前で、すみれは携帯で橘さんに電話をかけます。

その姿を背後から見ていた男性がすみれに声をかけます。

振り向いたすみれは驚きます。

そこには橘さんが立ってました。

すみれが電話中だと気が付いた橘さんは、タイミングが悪かった事を謝りますが、すみれは誤解だと伝え、橘さんに会いにきました、と伝えます。

心の準備もままならない時に偶然に橘さんに会えたことから、どう伝えればいいか悩むすみれに、外は寒いので良ければ中で話しませんか…?と橘さんは気を遣います。

部屋に案内されたすみれは改めて橘さんに伝えます。

橘さんのこと好きなのに、属性で嫌な思いをさせてごめんなさい、と…。

その言葉に橘さんは顔を赤らめます。

そして橘さんは、属性を明かさずに不安にさせてしまったことを謝り、属性は変えられずともあなたの為に出来ることは最善を尽くしますと微笑みます。

会いに来てくれて嬉しかった…と本心を話す橘さんに、すみれは伝えて良かったと安心しました。

橘さんは過去の自分の行動を思い返し、今日この事を伝えに来てくれたすみれの勇気に、すごいな…と実感し、すみれに話さなければならない事実を伝える決心をします。

緊張がほぐれたすみれは自分の火照りに気づきます。

その様子に橘さんはアイスクリームを食べましょう、とアイスをすみれに渡します。

その瞬間すみれが発情していまいます。

いきなりの発情に、こんなつもりでは…!!と焦るすみれに、優しく橘さんが抱きしめてあげます。

しかし、毎回橘さんに発情することで迷惑を感じさせてるのでは?と思ってるすみれは罪悪感に苛まれます。

その言葉に橘さんは否定をし、すみれにあることを伝えます。

私たちは運命の番(つがい)です…と。

シバコロ
シバコロ
『発情する運命~エリートαの理性が限界』第12話はここまで!

『発情する運命~エリートαの理性が限界』第12話感想まとめ

◆美優の意外な告白に自分の本心に気が付くすみれ

Ωとして辛い過去をもつすみれからしたら属性のしがらみはどうしても出てきてしまうものだと思います。

そんな中、βだと思っていた美優がαだと告白されます。

αは優秀で人を見下すイメージを持っていたすみれからしたら意外な告白になりました。

属性の偏見に抗いながら美優は生きているのかもしれません。

そして美優の言葉をきっかけに、本当の気持ちに気が付いたすみれは橘さんの所へ走ります!

美優の言葉は核心をつく言葉ばかりでした…。

◆橘さんのすみれを想う気持ちが素敵すぎます

橘さんにすみれは本当の気持ちを伝えます。

その言葉に愛の告白もあり、急な告白に橘さんは照れてしまいます。

一度は属性のしがらみですれ違っていた2人ですが、ここまで読んでホッとしました。

そして橘さんは仕事でも優秀ですが、人としてもすごく素敵だなと感じました!

また最後は、突然に始まったすみれの発情に伝えきれていなかった「運命の番」という事実を橘さんが伝える所で終わります。

次の巻は「運命の番」としての2人の関係の変化が気になります!!

\『発情する運命~エリートαの理性が限界』第12話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
\還元率No.1/
コミックシーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
・読み放題プランや漫画のレンタルを利用することができる
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
・会員登録をすると無料で読める作品が多数
・無料で読めるマンガの数が豊富
・大人向け漫画の取り扱いが豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!