TL漫画

【発情する運命~エリートαの理性が限界】13巻ネタバレ|運命の相手だという事実はいろんなところに

乙女チックで掲載中の『発情する運命~エリートαの理性が限界(七緒リヲン先生)』の第13話のネタバレと感想をまとめました。

【『発情する運命~エリートαの理性が限界』前話あらすじ】

自分自身の気持ちが分からなくなってしまったすみれ。その姿をみた美優は実は私はαなの…と告白します。属性に偏見をもっていたのは私も同じだったと気が付いたすみれは橘さんに本当の気持ちを伝えに駆け出します。

\『発情する運命~エリートαの理性が限界』第13話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『発情する運命~エリートαの理性が限界』第13話ネタバレ

◆運命の相手だと証明する方法とは

突然橘さんに「運命の番」である事を告げられたすみれでしたが、発情という衝動に何も考えられず、急いで緊急薬を服用しようと鞄に手をのばします。

それを制止して、橘さんがこの方が身体に負担がかかりません…とすみれのパンツのチャックを下ろし、秘部に直接指で触れます。

突然の行動に戸惑うすみれでしたが、触れる指は弱くも優しくすみれの気持ちいい所を刺激するのでした。

久しぶりに触れる橘さんの指に嫌な気もせず、むしろ嬉しい気持ちで満たされます。

あまりの気持ち良さに達してしまいそうになるも、橘さんは更にすみれの胸を露わにして乳首を吸い刺激してきます。

両方からの刺激に耐えられず、すみれはイッてしまいます。

橘さんはイッてしまったすみれを気遣い、ブランケットを掛けてあげます。

イクことで自然と発情が落ち着き、感謝をするすみれ。

そして、橘さんが言っていた「運命の番」 についてどういうことか聞きなおします。

橘さんは言葉通り、お互いに運命の相手だということ、そして会った瞬間に気づくのだと伝えます。

運命の相手という言葉に驚きを隠せないすみれでしたが、橘さんは会った瞬間にすみれが運命の相手だと確信を持っていたと言うのでした…。

会った瞬間に気づく…言葉にすみれは戸惑いました。

私だけ気づいてないの?と。

橘さんは魅力的で、惹かれているのも事実ではあり、発情もする…その瞬間、すみれは橘さんにだけ発情しているのだと気が付きます。

その気持ちが嬉しいような、不安なような…何とも言えない気持ちでいっぱいになります。

その気持ちを肯定するように、橘さんも正直私もよくわからないです、とフォローします。

そして、直感以外に運命の相手だという事実を考えてみることにしました。

すると、すみれは橘さんと会う度に発情していた事、薬を服用しても発情が治まらないという事、それらの原因自体が運命の相手だからだと橘さんが伝えます。

そして何より、発情は性的欲求が満たされれば治まるはずなのに、すみれはその後も本番に近い行為がないと治まらない、という事実を伝えます。

運命の相手、そんなおとぎ話のような事が自分の身に起きるなんて…とすみれは驚きます。

偶然ではなく、お互いに運命の相手だと証明する方法が実は今あるのだと橘さんは提案します。

先程の発情は一時的であり、本番に近い行為は無かった為、再発情がおこる可能性があるのかどうか試してみませんか?とすみれに聞きます。

すみれは確かめる提案に即決しますが、その為には再発情した際にエッチをしなければならないことに気づき照れてしまいます。

◆欲情に抗う橘さんの優しさに気づくすみれ

そして場所をベッドに変えて、お互い下着姿になりキスから試みます。

するとキスをきっかけにすみれは発情してしまいます。

橘さんが欲しい…!!欲情に抗えず、自ら橘さんにキスをします。

発情している自分自身からフェロモンの匂いがしているのでしょうか?とすみれは橘さんに尋ねます。

もちろんです、と答えるも、橘さんが襲ったりしないのは私に魅力がないからなのか…と不安に思うすみれに対し、怒りますよと橘さんが言います。

獲物を狙うような目で、本当は今すぐにでも首に噛みついて自分だけのモノにしたい…と橘さんは気持ちを露わにしますが、我慢するのは全てすみれの為でした。

橘さんはすみれの前では獣ではなく、一人の人間として見てもらいたかったのです。

ゆっくりとすみれの秘部に橘さんのモノが挿ってきます。

あまりの気持ちよさに鳥肌がたって、今すぐにでもイッてしまいそうになるすみれ。

それは運命の相手だからなのか、橘さんが上手いからなのか…もうそんなことも考えられない程の快感が襲います。

いつの間にか体位が背を向ける状態になり、すみれの首筋が視界に入った橘さんは、すみれの首筋に噛みつきたい衝動に襲われます。

そこを必死に我慢する橘さん。

すみれに背を向けてしまうと噛みつきたい衝動に抗えなくなる事を伝え、前に向きなおらせます。

その様子を見たすみれは、わたしと同じ発情の影響を受けていたにも関わらず、必死に堪えて優しく大切に扱ってくれる橘さんにとろけてしまいます。

そして二人は同時に達するのでした。

落ち着いた頃、すみれは発情がおさまっていることに気が付きます。

そう、二人は本当に運命の相手だと証明されたのでした。

しかし、すみれは運命の相手だということはこの後どうなるの?と頭に疑問がよぎるのでした。

シバコロ
シバコロ
『発情する運命~エリートαの理性が限界』第13話はここまで!

『発情する運命~エリートαの理性が限界』第13話感想まとめ

◆突然襲う発情に何も考えられないすみれ

運命の相手を前に、突然襲う発情…普通であれば抗うのも大変ではないか、と思ってしまうのにすみれも冷静でいようと頑張ってる姿が健気です。

そんなすみれに対して、いつも優しく気遣いのできる橘さんも本当にすごいです!

会話の中で、すみれのフェロモンに襲いたい衝動を我慢をしている、と伝える橘さんの葛藤を垣間見る話しでした。

◆運命の相手が分かった先はどうなるの?

2人で証明し、お互いが運命の相手だということがわかりました。

そのことによって今後の話しの展開はどのようになるのでしょうか?

話しの最後でも、すみれは疑問に思っている状態で次回へ続きます。

橘さんは自分の欲情に今は紳士でいるけれど、今後狼になってしまうような激しい展開もあるのかなと想像が膨らんでしまいます。

\『発情する運命~エリートαの理性が限界』第13話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
\還元率No.1/
コミックシーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
・読み放題プランや漫画のレンタルを利用することができる
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
・会員登録をすると無料で読める作品が多数
・無料で読めるマンガの数が豊富
・大人向け漫画の取り扱いが豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!