青年・少年漫画

【火祭り村】12話ネタバレ|何か策があるのか?生贄に立候補する共行。

『火祭り村』の全話ネタバレまとめがこちら↓

https://www.vlhl.jp/himatsuri-matome/ 

猪爪ケイ/enemの作品『火祭り村』の第12話のネタバレをご紹介します。

《『火祭り村』の11話ネタバレおさらい》

共行が牢獄から渋沢を助け出そうとすると、共行の首元に鎌が当てられます。

鎌を当てた人物が、不審者かと思ったら共行さんですか、と声をかけてきて、振り向いたらそこには・・・。

前話>>火祭り村第11話のネタバレはこちら

『火祭り村』の最新話が半額で読める!/

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

※コミックシーモアでは、新規月額メニュー登録をすると
登録金額分のポイント(最大20,000P)が後日もらえる入会特典キャンペーン実施中!  

『火祭り村』第12話ネタバレ

土牢から逃げだそうとして捕まってしまった渋沢は、共行から村から逃げる手伝いをしなければ家族を殺すと脅されたのだと言い訳をします。

あくまで禁忌を犯したのは共行で、自分ではないという主張に、村人は騒然としました。

そんな時、女人禁制である乙名会に火那子が乱入してきて、渋沢は嘘をついていると共行を庇う発言をします。

村の中で特に信心深い火那子が規則を破ってまで共行を庇ったおかげか、村人たちは共行がそんなことをするわけないと言い出しました。

渋沢を非難する雰囲気の中、共行は渋沢にホムラ様の素晴らしさを伝えきれなかった村の責任だと言い出します。

村人は渋沢が以前も逃げだした過去や、その時信仰心があると言ったこと等を上げて、やり玉に挙げました。

それでも共行は渋沢は悪くないと庇い続け、生贄の再選出を提案します。

村人は共行の提案に同意しました。

信仰心がない人物を生贄に捧げる訳には行かないとし、前回の投票で選ばれなかった末藤に白羽の矢が立とうとしていました。

震える末藤を他所に、手を上げて立候補したのは、まさかの共行。

共行は笑顔で生贄の名誉を自分にまかせてほしいと言い出したのです。

共行の行動に、火那子や信造は驚きました。

共行の立候補を火口家の当主も後押しします。

火口家にとって御三家の車田家に名誉を奪われるより、同じ御三家でも中立である神服に譲った方がいいという判断だということが理解できました。

火口家当主は共行に並ぶ信仰心の篤い人間はこの村におらず、共行が生贄になればホムラ様も喜ぶだろうというのです。

生贄に決定してしまった共行は、一人になって考えていました。

村に来た当初から禰宜に指名されたことで、共行が神主に目をかけられていることは想像つきます。

生贄を車輪に加工する行為が村にとって重要な儀式で有る為、共行が生贄になる前には神主が必ずやってくると共行は思っていました。

そこで神主の正体を突き止めれば、この村の現状を変える一手にできるかもしれないと考えて生贄に立候補したのです。

共行の目論み通り神主が姿を見せました。

しかし残念なことに、神主はドクロのお面をかぶっていて正体がわかりません。

声もヘリウムガスを吸った時のような声で、男女の区別もつきませんでした。

神主は共行を外で過ごした穢れ人で有りながらも、ホムラ様を理解している素晴らしい人物だと賞賛します。

そんな共行に敬意を表して特別な演出を施そうと言う神主の隣には、火那子が立っていました。

神主は火那子の夫になるはずだった共行に、車軸を突き立てるように指示をします。

火那子は神主の指示に従い、木の杭を振りかぶりました。

大量にあふれた血を見た火那子は、狂ったようにあはははははと笑い続けます。

そして村の外の森の中では、共行の友人である半藤風斗が火祭村を探し当てていました。

返り血を浴びた火那子が村の門扉の前にいた風斗に声をかけます。

火那子はそのまま風斗を村の中に招き入れ、神社の境内で火車になった共行の前に連れて行きました。

風斗は火車になっている人物を共行とは認めません。

そして風斗は外から来た人の役目を果たすよう、火那子に言われます。

風斗は近親婚で血が濃くならないようにするため、村の若い女性をあてがわれました。

やめろと叫ぶ風斗の声が響く神社の境内では、信造が火車になった共行の姿を見て神主の思い通りになったことを悔いています。

その姿を茂みの中から見ていた神主は、共行はやはりいい人だったとつぶやいていました。

>>火祭り村 第13話ネタバレに続く

『火祭り村』を無料で読む方法

『火祭り村』を無料で読む方法を調査してみると、コミック.jpで無料で読める方法があることがわかりました。

コミック.jpでは初回会員登録をすると1200P(1P=1円)が付与されます。

このポイントを使えば、1冊110円の『火祭り村』を最大13冊無料で読む事ができます。

 

また『火祭り村』は、コミックシーモアで先行配信がされています。

『火祭り村』の最新話は、コミックシーモアでしか読む事ができません。

コミックシーモアでは無料会員登録をすると半額クーポンがもらえるので、最新話を読みたい方は、半額で購入することが出来ますよ。

>>コミックシーモアで『火祭り村』の最新話を読む

『火祭り村』を配信している電子書籍サービスは?

『火祭り村』を配信している電子書籍サービスも調べて、以下の表にまとめました。

サービス名 ポイント額&キャンペーン
1350円分のポイント
・購入額の10%ポイントバック
600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント

・購入額の最大50%のポイントバック

『火祭り村』は複数の電子書籍サービスで配信されていました。

その中でも、個人的には無料トライアル登録でもらえるポイント数が一番多いコミック.jp(1200ポイントもらえる)が一推しです。

コミック.jpでは、火祭り村』と同じ【サスペンス・ホラー】系の作品が配信されていてポイントを使えばタダで読めます。

火祭り村第12話感想まとめ

渋沢を庇った共行が立候補したのは勝算があったからだと思います。

火車にされた人物は別の人なのではないでしょうか。

火那子が禁を破ってまで乙名会に乱入したのも理由がありそうです。

禁を破っても共行を庇いたかったとすれば、火那子が共行を杭で刺すとは考えにくいですよね。

そもそも女性の力で血が流れ出るほど、木の杭で刺すことができるのか疑問です。

そして共行を探して火祭村にやって来た風斗は、いきなり女性をあてがわれましたが、共行の時は気持ちをないがしろにはされていませんでした。

無理やり女性が男性を襲うのは無理なことですし、これも何か意味がありそうな気がします。

風斗も共行が火車になったとは信じていない様子でしたし、あの火車にされた人物には裏が有るのではないでしょうか。

>>火祭り村 第13話ネタバレに続く

まとめ

『火祭り村』のネタバレと感想をご紹介しました!

『火祭り村』は、コミック.jpの新規会員登録でもらえるポイントを使って、最大13冊無料で読むことができます。

また、『火祭り村』は2021/9/17まで期間限定で1巻〜2巻が無料配信されていますので、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

『火祭り村』の最新話が半額で読める!/

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

※コミックシーモアでは、新規月額メニュー登録をすると
登録金額分のポイント(最大20,000P)が後日もらえる入会特典キャンペーン実施中!  

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!