女性・少女漫画

【イジめてごっこ。】10話ネタバレ|雪野がずっと抱えていた秘密は…?

黒蜜で掲載中の『イジめてごっこ。(南文夏先生)』の第10話のネタバレと感想をまとめました。

【『イジめてごっこ。』前話あらすじ】

恋人であるゆかの求めるプレイについていけなかった真広。

そんなことで距離が空いて悩む真広ですが、そんななか、同じ職場の雪野から声をかけられて…?

\『イジめてごっこ。』が無料で読める

※ポイント購入で9,000pt還元キャンペーン実施中!登録は3分で完了です!

『イジめてごっこ。』第10話ネタバレ

◆雪野の事情

同僚である雪野が、女王様だったという秘密を知ってしまった真広。

そんな中で真広は、雪野から下僕にしてあげようか?なんて声を掛けられ焦ってしまいます。

雪野の真意が分からずにその場で呆然としてしまう真広ですが…雪野の方は、そんな真広をただからかっただけの様子でした。

あたふたして顔を赤くする真広を見て、楽しそうに微笑む雪野。

 

しかし、そこで真広は、雪野が今はSMを辞めてしまっている理由が気になりました。

真広をからかって楽しそうにしている雪野なのに…どうして、今は女王様をやっていないのか?と、真広はそんなことを雪野に尋ねます。

すると、どこか暗い表情に変わる雪野。

そうしてそんな雪野からは、衝撃の過去が明かされて…?

◆1人の下僕

雪野が女王様を辞めた理由は…雪野が女王様として働いている時代に、客の1人だった只野(ただの)という下僕が死んだことが理由でした。

場所を変え、近くのお店で飲み物を買った後に、公園のベンチに座って話を始める雪野。

そうして雪野は、そこでパックの日本酒を手に話を始めます。

 

雪野が只野という下僕と出会ったのは、雪野がまだSMを初めてすぐの頃でした。

雪野にとって初めての下僕。

そうして、そんな只野は地方銀行勤務の真面目なサラリーマンで、奥さんと2人の娘がいる普通の父親だったのです。

しかし、雪野といる間ではMとしてイジメられることに喜んで、それから、まだ色々とつたない雪野にも、プレイやMのイジめ方を教えてくれていた只野。

雪野にとっても、只野がこうしてリピーターを続けて通ってくれていることが、当時は仕事を続ける理由にもなっていました。

◆恋人でも、家族でもない

只野はMである以外は、普通の父親でした。

家族のことも大事にしており、家族サービスもきちんとしていた只野。

そんなことから雪野の方も、只野に対しては恋人のような恋愛対象としての感情ではなく、ある意味母性のような…絆のようなものを感じていました。

 

しかし、そんなある日、雪野は只野から体調を崩してしまったので暫くは会いに行けないと連絡を受けます。

そうしてその後も殆ど只野からの連絡が途切れ、普段の生活をしながらも只野のことを気にかけていた雪野。

もしかしたら、飽きられてしまったのかもしれないだとか、他の女王様のところに行ってしまったのかもしれない…なんて、そんなことも考えていました。

けれど、そんな日々の中で、カフェで雪野が新聞を読んでいると、お悔やみ欄に只野の名前を見つけてしまいます。

連絡が来なくなってから、1年ほどの月日が経っていた時のことでした。

 

そんなことを考えてぼんやりしていた雪野。

その翌日も仕事には通う中で、雪野はぼんやり考えます。

只野の死は気になるものの…雪野はあくまでも恋人でも、家族でもない関係なのです。

それでも、どうしても只野のことは頭から離れなかった雪野。

そんなきっかけがあって、【1人の人に執着してしまうなんて自分は女王様失格】だと考えた雪野はプロの世界を辞めることにしたのです。

◆Mの幸せ

一方で、そんな話を聞いていた真広ですが、雪野がこんなに思う只野は幸せだったんだろうなぁと感じます。

そうして、そう正直に告げると、どこか嬉しそうな表情に変わった雪野。

それから、真広は家に帰ると、今度は自分たちの関係に関して考え始めました。

 

Mの幸せについて考える真広。

雪野の話を聞いている中で、雪野はすごくMに対して愛情深い人だと感じたのです。

真広がずっと抱えていたSMは、凄く危なくて痛いもので…。

しかし、雪野の話を聞いているとそんなことはないように感じた真広。

 

それから翌日、色々と考えた真広は雪野に女王様になってほしいとお願いします。

Mの立場になれば何か見えてくるかもしれないと、その日、雪野にはそうお願いして頭を下げた真広。

すると、只野のこともあり少し戸惑っていた様子の雪野ですが、【Mを大切にできる雪野のようなSになりたい】と、そんな真広の言葉を聞いて、その提案を受け入れました。

◆女王様の雪野

そんな雪野ですが、今回の提案を受け入れたのは真広の言葉を聞いているうちに、ずっと悩んでいた【只野のことから立ち直れるきっかけ】をもらえるかもしれないと感じたからです。

それから、只野をつれ、Mを調教できる部屋がある自分の家へ真広を連れてきた雪野。

そんな中、雪野が心配だったのは傷跡や痣を付けて、真広の彼女が何か感じないか…というところだったのですが、ゆかなら理解してくれるだろうと答えた真広。

雪野は、そんな真広の言葉に納得すると、そのまま着替えに部屋を出て行ってしまいます。

 

一方で、1人残された真広の方は幾つも並べられた調教道具に夢中でした。

何が何かわけがわからないながら、じっくりと辺りを見まわしていた真広。

しかし、そこに女王様の衣装に身を包んだ雪野が現れて…露出も多い過激な雪野の衣装に、真広はすっかり目を奪われてしまいます。

そうして、衣装からスイッチが入った様子の雪野。

そこで真広は、雪野からたくさんイジめてあげるからねと告げられ、鞭を片手に微笑まれて…?

シバコロ
シバコロ
『イジめてごっこ。』第10話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第10話では、雪野の女王様姿が見れるのですが、この衣装がめちゃくちゃ似合っているんです!!

黒のレザーで胸元もがっつりと開いているし、網タイツ姿も目が離せなくて…このシーンはもうぜひぜひ、読んで楽しんでいただきたい部分です!!

『イジめてごっこ。』第10話感想まとめ

今回、雪野の過去について明かされました。

雪野が下僕にしていた1人の男性。

雪野は、そんな男性のことをなかなか忘れられなかったんですよね。

ただ、このシーン良いなぁと思ってみていたのは、そんな下僕の只野ですが家庭ではきちんと夫や父親としての顔を持っていて…それを崩すことはありませんでした。

それは、雪野の方も同じで、あくまでプレイとして楽しんでいる2人。

ここは読んでいて、不倫や離婚なんかの波乱な展開に発展しないところが、ある意味、ピュアだなぁと思えた部分です。

 

ですが、今回、そんな重ためな雪野の過去のお話を吹き飛ばすくらいの衝撃だったのは、お話ラストの雪野の女王様姿ですね!!

プレイを教えてほしいと話す真広に対して、そんな服で登場してきた雪野。

もうこれ、次回のプレイも凄く楽しみに思えるシーンです!!

 

2人の間に一体どんな出来事があるのか?

次回も見逃せない展開です!!

\『イジめてごっこ。』が無料で読める

※ポイント購入で9,000pt還元キャンペーン実施中!登録は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!