女性・少女漫画

【十億のアレ。~吉原いちの花魁~】35話ネタバレ|アザミを訪ねて現れた男性の正体は…?

ズズズキュン!で掲載中の『十億のアレ。~吉原いちの花魁~(宇月あい先生)』の第35話のネタバレと感想をまとめました。

【『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』前話あらすじ】

糀谷(こうじたに)に抱かれた後、山吹からは「あなたは【あらゆる支配】を自分で見抜かないといけないわ」なんて声を掛けられていたアザミ。

アザミは、そんな山吹の言葉をすぐには理解できなかったものの…?

\『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』第35話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』第35話「出られない」ネタバレ

◆逃げてしまったこと

アザミは、昨日、糀谷との約束から逃げてしまったこともあり、謝りに向かってくれたスタッフの若崎(わかざき)におはぎを差し出して頭を下げました。

しかし、「まぁ、これも俺たちの仕事だし」なんて受け入れてくれた若崎。

それから、楼主に関しても、今回のアザミの行動を責めてくることはなかったのです。

本来なら客の元へ向かわなければ散々怒られるはずですが、今回に限っては、糀谷に前科もあることから気にしていない様子の楼主。

そこでアザミは楼主に「振ったかわりに、また新しい顧客を作るように」なんて声を掛けられただけだったのです。

 

そんなことから、周りの雰囲気のもやもやしてしまうアザミ。

糀谷の予約は暫くキャンセルさせてもらうことになったものの…そんな様子をおはぎを食べながら見ていた若崎からは「悪女だな」なんて言われてしまします。

アザミを好きで通ってきている糀谷のことを【きっぱりと振るわけでもなく、逃げてうやむやにしているアザミ。

そんな姿が、若崎からすると、アザミが悪女で糀谷のことをもてあそんでいるように思えたのです。

「嫌だったらひと思いに振れよ」

そう告げられて、図星で言葉も出なくなったアザミ。

アザミのとっても、糀谷のことは自分でも整理できないでいたのです。

◆悩みごと

そんなアザミですが、今日の客は色々と権力を持っている中根(なかね)の元でした。

しかし、そんな中根は先に部屋で映画を見ていて、「今日はこれでいいかな?この歳になると、いつでもできるわけじゃないんでね」なんて告げてきます。

そんなことから中根とは、ソファに座って映画を見るアザミ。

そこでアザミは映画を見ながらも、中根には「どうして、私を指名しているんっですか?」なんて、ずっと気になっていたことを聞くことにしました。

「お前さんが必死に生きている姿が、見ていて面白いからこうして指名するんだよ」

そうして、そう告げた後に、まるで今にも悩んでいそうなアザミの顔を見て「なにかあったんだろ?今日も」なんて告げてくる中根。

アザミはそこで、悩んでいた気持ちを打ち明けることにしました。

 

「…実は、とある客の約束を破って、客のもとに向かわなかったんです」

顧客の情報のこともありあまり話せないアザミですが、中根の方はそんなアザミに「悩むのは、振られた男の方じゃないのか?」なんて告げてきました。

確かに中根の考えは正しくて、やっぱり自分の気持ちにもやもやしてしまうアザミ。

誰からも怒られず、行きたくなかった糀谷への元へも行かなかったのに、なぜか心は晴れないのです。

◆高い金額の見返りに…

そんな中で、アザミと中根の話題は見ている映画の話となりました。

中根が今見ているのは、今話題の有名な監督の映画で…そんな映画を見ながらふと「そんなところが同じなのかもな…」なんて、中根は呟きます。

「金があるから見返りを求められる。それはお前さんも同じで、ここの楼主も山吹も、お前に相当な金を使うってことは2人には何か考えがあるんだろうよ」

そう告げてきた中根。

しかし、アザミにとっては想像もできない話で「何に期待しているんでしょう?」なんて中根に尋ねてみたものの、結局中根には「さぁね」なんてはぐらかされるだけでした。

◆あの時の男性

場面は、見世(*店のこと)の玄関で、アザミが見知らぬ男性にテンションが高く話しかけられるシーンから始まります。

「AZAMI!!会いたかったです!」

見覚えのない外国人の男性に突然そう、迫られるアザミ。

その場ではすぐに気付かなかったアザミですが、そんな男性は以前街で助けてくれた人だと、その後、しばらくしてから気付きました。

そうして、もう一つ驚くことが、実はその男性が有名な監督でもあるエドガー・ブレインで…アザミに是非とも映画に出て欲しいなんて話すエドガー。

そんな有名な監督からの提案は、アザミにとっても驚くものでした。

 

楼主やアザミのマネージャーでもある木南(きなん)たちも集まることとなり、そこでは具体的に役の説明やストーリーについて明かされたアザミ。

しかし、話を聞いている楼主達はどこか困ったような表情です。

「実はオファーは一度断っていて…というのも、この映画にはアザミさんが出演できないんです」

木南から、そう告げられたアザミですが…?

シバコロ
シバコロ
『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』第35話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第35話では、以前のお話で登場していて気になっていた謎の男性(エドガー)が登場するのですが、そんな男性がアザミの元に客として訪れたことに少し不満そうな顔をする三倉。この嫉妬しているような感じがもう最高なんです!!

本編の中ではちょっとしたシーンなのですが、個人的に凄くドキドキしたシーンです!

\『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』第35話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』第35話「出られない」感想まとめ

今回、33話の時に登場していた謎の男性が登場していましたね!!

映画監督であるエドガー・ブレインですが、アザミはそんな彼に映画に誘われたものの、何故か見世側からは「出れない」なんて告げられて…。

一体どんな事情があるのか?

そんなところは今後明かされるのが楽しみですし、なにより、アザミのことを気に入っている様子のエドガーなので、もっともっと振り回してくれるのを楽しみにしています!!!

 

それから、お話の中ではアザミが糀谷との約束をバックレたことに悩むシーンがありました。

糀谷とは少し距離を開けることになったのに、何故かもやもやしているアザミ。

アザミ自身もなんでもやもやしているか気付いていないんですよね。

初恋の相手の糀谷ですが、そんな中でアザミは過去に1度、裏切られていて…。

アザミは今、糀谷とどうなりたいのか?

そんなところも、後々明かされてくるのかなと思います!!

 

色んな男性に振り回して、そうして一方で振り回しているアザミ!!

今回は三倉のシーンがほんの少ししかなかったのが残念だったものの、そんな中で嫉妬しているような三倉の姿は必見です!!

有名になるにつれてアザミの客は増えて行って…それに対して色々感じるところもある様子の三倉。

三倉とアザミの恋愛に関しても、気になるところですよね!

次回のお話も楽しみです!!

\『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』第35話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!