BL漫画

【君の足元で愛を知る】2話ネタバレ│桔平のトラウマとなった出来事とは・・・

G-Lishで掲載中の『君の足元で愛を知る(後之マツリ先生)』の第2話のネタバレと感想をまとめました。

【『君の足元で愛を知る』前話あらすじ】

この世界にはダイナミクスという第二の性が存在します。支配されたいという欲求を持つサブの属性桔平は薬の服用で欲求を抑えていたものの、薬では発散できないようになってしまいます。医者からパートナーと紹介すると言われ出会った相手は会社の同僚で・・・

\『君の足元で愛を知る』第2話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『君の足元で愛を知る』第2話ネタバレ

◆満足できるプレイ

初めて颯汰とプレイをしてから1か月を過ぎ、颯汰はあれから桔平にお昼ご飯を作ってくれるようになっていました。

お昼はふたりで一緒にご飯を食べる日が日常になり、桔平は自身の体調も改善されていきダイナミクスに抱いていた偏見も薄れていたのです。

自宅で桔平は自分から知ろうとする努力も必要だと思い、携帯で「ダイナミクス プレイ 満足」というワードを検索していました。

サイトに書かれていたのは信頼されるパートナーからされるお仕置きはサブにとってのメンタルケアになるという言葉が。

その言葉に疑問を覚えながらも読み進めてみると、お仕置きはドムにとっても必要なステップ、パートナーに受け入れられることでドムも心から喜ぶと書いていたのです。

颯汰のことを思い出す桔平、その時颯汰から「明日の夕方駅前で」というメッセージが届きます。

桔平は明日颯汰の自宅へとお邪魔する約束をしていたのです。

外とは違うことをするのかなとプレイのことを思い出す桔平は思わず顔を赤らめてしまいます。

桔平は何にしても颯汰は自分の嫌がることは絶対にしないからきっと大丈夫だと思い眠りにつくのでした。

◆颯汰の自宅

次の日、颯汰の自宅へと来た桔平はお洒落すぎる部屋に顔が引きつっていました。

颯汰は桔平にコーヒーを差し出し、晩御飯を作ってくると言いエプロンを付けます。

デリバリーでも言いという桔平に颯汰は、僕が作りたいし昼間から仕込んであると言いキッチンへ向かいます。

颯汰は依然尽くしたいドムだと言っていたけれども、さすがになんでもやってもらってばかりだと思う桔平。

毎日お弁当を作ったり、プレイだって自分に合わせて本番まで行わない行為で止まっているし、桔平はもしかすると自分はダメなパートナーなのではと落胆します。

何か颯汰のためにしてあげられることはないかと考える桔平、その時颯汰はワインを用意するのを忘れたとつぶやきます。

桔平はすかさず自分が買ってくると颯汰に話します。

じゃあお願いするよと言って颯汰が桔平に渡したメモには筆記体で書かれたワインの名前が。

はてなマークを浮かべる桔平に颯汰は、多分置いてあると思うけれど別のものでもいいよと話します。

そしてスーパーに来た桔平、たくさん種類があるワインコーナーを見て桔平は颯汰から言われた聞き覚えがある名前のワインを手に取ります。

桔平が帰りワインを颯汰に渡すと、颯汰は白のほうを買ってきたんだと一言。

赤ワインを購入してきてと言われたものの、桔平が購入したワインは白ワインだったのです。

すぐに買いなおしてくると言う桔平に颯汰は笑顔で、白ワインも飲んでみたかったから大丈夫だよと話します。

再び料理に取り掛かる颯汰を見て桔平は買い物も上手くできないのか・・・と言い自分の無能さに落ち込みます。

桔平は他に手伝うことはないかと颯汰に聞き、指示通りに食器棚から取り皿を運びます。

そんな桔平を見て、なんだか新婚さんみたいだねと微笑む颯汰。

颯汰の言葉に同様して桔平は持っていたお皿を落としてしまいます。

割れたお皿を触ろうとする桔平に颯汰は「待て」と大きな声で話します。

ごめんと驚く桔平に怪我をしていないかと心配する颯汰。

お皿を片付けて後は座って待っていてと話す颯汰に桔平は、お仕置きしないのかと話します。

さっきから指示通りに何もできていないからという桔平。

颯汰はこれはプレイじゃなからそんな顔をしないでと言います。

そんな颯汰の言葉にそうかよ、と言ってこぶしを握る桔平、颯汰もまた桔平から背を向けて顔を赤らめ一息つくのでした。

◆お風呂

颯汰が作った夕食を食べる桔平、何も話さない桔平に美味しくなかった?と尋ねる颯汰。

桔平はすごい美味しい、颯汰はこんなに美味しいものを作ってくれて自分も颯汰のために何かできたらいいのにと考えていたと話します。

すると颯汰は今日はいつもできないプレイをしてみてもいいかと尋ねます。

どんなプレイだと話す桔平に、一緒にお風呂に入ろうと話す颯汰。

颯汰は僕の手で綺麗にしてあげたい、君の身体に触れてみたかったと話しお風呂を沸かしてくると席を立ちます。

そしてふたりはお風呂へ、椅子に座る桔平の後ろにいる颯汰は自身の手でボディーソープを泡立てていました。

桔平の背中を愛おしそうに見つめる颯汰、そして颯汰の手は桔平の身体へ。

背中を優しく洗う颯汰、背中を洗い終えると次は前を洗うと話します。

そして颯汰の手は桔平の胸をかすめると、桔平は思わず声を出して身体を震わせます。

桔平は思わずくすぐったくて声が出てしまった、もっと強く洗ってくれと颯汰に話します。

颯汰は桔平の身体を洗うと、後は下なんだけどと桔平に声をかける颯汰。

そんな颯汰の言葉に桔平はどうしたらいいのかと頭を悩ませてしまいます。

颯汰は桔平の様子を見て、そこは触られたくないよね大人しくしていてくれてありがとうと話します。

桔平はその後早業で自分の髪を洗い浴槽の中へ、ひとりで勝手にパニックになったのにも関わらず結局手を出されなかったからガッカリしていました。

自分の為を思っての行為だとは分かってはいるものの、その行為だけでは物足りない、お仕置きしてほしいと思ってしまう桔平。

身体を洗う颯汰を見つめて、颯汰にお仕置きされたらどうなってしまうのだろうと考える桔平、そんなことを思っていると桔平の自身は勃ってしまっていたのです。

身体を洗い終えた颯汰は浴槽に入る桔平に自分も隣へ行ってもいいかと話します。

しかし桔平は颯汰に背を向けたまま身体を震わせていたのです。

そんな桔平の姿を見て颯汰はやっぱり先にあがるねと言い桔平の頭を撫でお風呂から出て行ってしまいました。

◆昔話

桔平がお風呂からあがると、颯汰はドライヤーを手に持ち髪を乾かしてあげると桔平に声をかけます。

桔平は颯汰の前に座り、気持ちよく颯汰に髪を乾かされていました。

ドライヤーが終わると、颯汰は大人しくしていてくれてありがとうと桔平の頭にキスを落とします。

そんな颯汰の行動を見て、お前ってキスするの好きだよなと話す桔平。

桔平はまた颯汰の行動に物足りないという気持ちを抱いてしまったのです。

颯汰はお互いの許容範囲について話し合っておこうと話し、自分は過度に相手を痛めつけることは苦手、意地悪をしたい気持ちもあるけれど嫌がることは絶対にしないと話します。

桔平も自分の苦手なことや好きなプレイなどを口にしようとした瞬間、桔平の携帯に着信がかかってきます。

着信の相手は桔平の姉、桔平は実の姉とは昔に喧嘩別れをしてしばらく話してもいなかったのに・・・と話します。

携帯の電源を切る桔平、そして桔平はサブを毛嫌いしたきっかけとなった昔の話をし始めるのです。

桔平が中学に入りたての頃、友達とAVを見ていた桔平。

AVの内容はダイナミクスのハードな内容で、お仕置きと称して首を絞められているサブの男優が喜んでいる姿が。

桔平はその頃初めての検査で自身がサブだと知った直後、自分もいずれこうなるのではないかと震えが止まらなかったのです。

一緒に見ていた友達はこんなプレイをして喜んでいるサブは気持ち悪い、変態だと話していて自分自身が気持ち悪くなってしまった桔平。

そして桔平が高校生の頃、姉がパートナーを自宅へ連れてきたのです。

桔平の姉はドム、相手の男はサブ、その時桔平は相手の男性に気持ち悪いと言い放ってしまいました。

そんな桔平の言葉に姉はキレてしまい「Glare」という相手を睨みつけ威圧する行為を桔平にしたのです。

姉からの行為に倒れてしまった桔平、それからサブがますます苦手になってしまったのです。

桔平の話を聞き、話してくれてありがとうと桔平を抱きしめる颯汰。

こんなこと誰にも言ったことがなかったのにと笑いながら話す桔平。

颯汰は絶対に桔平の嫌なことはしない、大事にすると話します。

そんな颯汰の表情はとても悲しい顔をしていたのです。

シバコロ
シバコロ
『君の足元で愛を知る』第2話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第2話では、桔平と颯汰が一緒にお風呂に入るシーンに注目です!桔平の身体を洗おうとする颯汰、背中から洗っていくと言い桔平の背中を見た颯汰の表情はとても愛おしそうな表情でした。桔平のことが好きなんだと改めて伝わってくるシーンです。

『君の足元で愛を知る』第2話感想まとめ

桔平がもっと颯汰にプレイをしてほしいと葛藤するシーンもあり、このまま一気にふたりの距離が縮まって最後までプレイをするのかなと思いました。

桔平は誰にも話したことがない昔話を颯汰に話すほど、颯汰のことを信頼している様子。

颯汰はきっと桔平のことをドムやサブという関係だけではなく、恋愛感情のように桔平のことを好きなのでしょう。

桔平は颯汰に恋愛感情があるかはまだわかりませんが、もっと距離が縮まって幸せなプレイをしてほしいなとも思います。

そして明らかになった桔平の昔話。

1話から桔平が夢にまで見るトラウマな思い出、過激なビデオを見てしまってサブのことを毛嫌いする桔平の気持ちはとても分かります。

自分もこうなってしまうのかと誰にも自分の悩みを言えないまま、高校生になって姉のパートナーに暴言を吐いてしまった桔平。

そこから姉とは絶縁状態になってしまったのことですが、姉はなぜこのタイミングで電話をかけてきたのでしょうか。

さらに最後の颯汰の表情も気になるところ、次回の展開に注目したいです。

\『君の足元で愛を知る』第2話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
\還元率No.1/
コミックシーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
・読み放題プランや漫画のレンタルを利用することができる
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
・会員登録をすると無料で読める作品が多数
・無料で読めるマンガの数が豊富
・大人向け漫画の取り扱いが豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!