女性・少女漫画

【未成熟なマリアージュ】6話ネタバレ|京都旅行でふたりの関係に変化が・・・

​​シーモア×ピース!で掲載中の『未成熟なマリアージュ(粂川めめ先生)』の第6話のネタバレと感想をまとめました。

【『未成熟なマリアージュ』前話あらすじ】

詩莉と純は険悪な雰囲気のまま体育祭を迎えます。なかなか仲直りしないふたりを心配して水樹とかなんは詩莉にアドバイスを送ります。再び純と一緒の競技に出ることになった詩莉。純はこの間のことは謝らないと話してきます。そんな純に詩莉は・・・

\『未成熟なマリアージュ』第6話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『未成熟なマリアージュ』第6話ネタバレ

◆ふたりは京都へ

詩莉と純は京都へ、宿泊する旅館へと来ていました。

旅館を見つめる純、純は一度詩莉の両親と来たことがあると詩莉に話します。

その時は孤児院の園長がくじに当たり、施設の班で一緒に京都へ行ったとのこと。

詩莉のお母さんもすごいはしゃいでいたという話に詩莉は、なかなか聞かない自分の母親の話を聞けて嬉しく感じていました。

旅館へチェックインしたふたり、宿泊する部屋へと訪れます。

部屋はとても広く内風呂までありました。

純と一緒にお風呂に入ることをいつもの妄想ワールドで妄想する詩莉。

純は取材に行こうと詩莉を誘い、先に部屋を出ます。

すると純の前に幼いふたりの兄妹が。

純はその兄妹を見て幼い頃に姿を重ねます。

幼い純が追いかけるのは詩織と呼ばれる純よりも年上に見える女の子。

そして詩織の名前を呼ぶ章吾という男性、章吾は詩織の手を取り歩き始めます。

純は詩莉が自分の名前を呼ぶ声で我に返ります。

大丈夫?と話す詩莉に、純は懐かしいと思っただけと話しふたりは取材へと出かけるのです。

◆純の想い

ふたりは願い事が叶うと言われている伏見稲荷大社へ向かうことに。

詩莉は何をお願いするのかと純が聞くと、詩莉はもちろん純のお嫁さんになるようにと話します。

そして詩莉は本日二回目の妄想ワールドに・・・。

そんな詩莉に純は願い事って話すと叶わないよねと笑顔で話します。

ふたりは鳥居の前に、詩莉は今度は絶対に話さないと決意します。

すると急に雨が降り始めました。

ふたりは雨をしのげる場所へ、純は詩莉にタオルを差し出します。

そして詩莉は三回目の妄想ワールドに。

また変なことを考えているんだなと思う純、純は道中で買った団子を食べようと話します。

団子を差し出す純、詩莉は差し出した団子をパクっと食べます。

団子を食べる詩莉を見て純は少し顔を赤らめます。

詩莉は自分の娘なのだからと言い聞かせる純。

純は小雨になったら旅館へ移動しようと話しました。

◆詩織に対する純の想い

旅館へ戻ってきたふたり、ついにお風呂の時間だと詩莉はそわそわしていました。

純はというと大浴場がたくさんあることに喜んでいました。

詩織さんが全部入るって大騒ぎしていたなと昔を思い出す純。

結局ふたりは別々にお風呂に入ることに。

詩莉はお母さんの話ばかりする純に溜息をつきました。

詩織という女性は詩莉の母親の名前だったのです。

純はお父さんと仲が良いと思っていた詩莉、母親の話をする純はとても楽しそうでした。

私とじゃ楽しくないのかなと落ち込む詩莉でしたが、我に返りお風呂に入ることに。

一方純はお風呂上りに地酒をもらい少し酔っていました。

宿泊客が卓球をしているのを見て昔の記憶がよみがえる純。

詩織と宿泊した際に一緒に卓球をしていた純、一度もやったことがない純は詩織に大敗して大泣きしていたのです。

昔を懐かしむ純の前に詩莉がやってきます。

再び純は詩織との思い出を話し始め詩莉は少し不機嫌に、話を遮るように詩莉は卓球をしようと純に話します。

詩莉は自分が勝ったら一緒の布団で寝る、純が勝ったらひとりで大人しく寝ると宣言。

自分の母親のことを話す純の表情は見たことがない笑顔で、詩莉は腹が立っていたのです。

試合は白熱しふたりは一度休憩することに、汗をかく純の美しい姿に詩莉は思わず負けたと話します。

よく分からないまま勝ってしまったと思う純でしたが、急に気持ち悪くなり視界もグラグラするように。

お風呂上りに呑んだ地酒が急に効いて、純はその場に倒れてしまいました。

純を運ぶ詩莉、部屋に着くと純は詩莉を押し倒します。

そして純は詩莉を見て詩織さんと名前を呼ぶのでした。

シバコロ
シバコロ
『未成熟なマリアージュ』第6話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第6話では、団子を食べる詩莉を見つめる純の表情に注目です!神社に行こうとするも雨が降りふたりは雨をしのげる場所で休憩をすることに。そこで道中に買った団子を食べるのですが、詩莉が団子を食べる姿を純は少し顔を赤らめて見つめていたのです。自分の娘だからと言い聞かせる純。純も詩莉のことを女性として意識し始めているのかも?と思うシーンです。

『未成熟なマリアージュ』第6話感想まとめ

純がお姉ちゃんと呼んだ詩織は詩莉のお母さんのことでした。

すると詩莉のことを呼んだ章吾と呼ばれる男性は詩莉の父親なのでしょう。

純はずっと詩織のことが好きだったのかもしれません。

しかし詩織にはすでに章吾と付き合っており、幼いながらに詩織に対する想いを諦めてしまったのでしょう。

今まで詩莉に対する想いは家族愛だと話していながらも詩莉に照れたり、詩莉を見つめる姿はずっと詩莉を詩織と重ねていたのでしょうか・・・。

もし詩織に姿を重ねていたとしたら詩莉の気持ちは計り知れません。

せっかく前回の体育祭で純に対する想いを改めて話したところなのにとても悲しいです。

さらに最後詩莉を押し倒し詩織と言葉にした純。

これで詩莉は純の詩織に対する想いに気付いたかもしれません。

この旅行でふたりの関係が縮まるのかと思いきや、最悪な事態になってしまいました・・・。

\『未成熟なマリアージュ』第6話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!