女性・少女漫画

【似鳥教授の可愛い悪あがき】10話ネタバレ|一緒に過ごすはずだった美波の誕生日に!?

めちゃコミックで連載中の『似鳥教授の可愛い悪あがき(はやしだちひろ先生)』の第10話のネタバレと感想をまとめました。

【『似鳥教授の可愛い悪あがき』前話あらすじ】

初めて似鳥に抱かれた美波は目が覚めた時、夢じゃなくて良かったとうっすら涙を浮かべました。
似鳥はそんな美波を抱き寄せて、本当に現実でよかったと答えます。
夕食に唐揚げを作った美波は・・・。

『似鳥教授の可愛い悪あがき』10話「早くあなたに会いたくて」ネタバレ

◆もうすぐ誕生日を迎える美波は・・・

寄子は仕事をしている美波に、もうすぐ誕生日だねと話し掛けます。

その日は毎年寄子と直人が美波に付き合っていましたが、今年は似鳥がいるから付き合わなくてもよさそうです。

毎年構ってくれていた事のお礼を言った美波は、自分から一緒に祝ってとお願いするのは厚かましくないかと不安そうにします。

すると寄子は好きな人の誕生日は祝いたいものだから、そんな風には思われないと言いました。

 

◆もうすぐ誕生日だと聞いた似鳥は・・・

美波からもうすぐ誕生日だと聞かされた似鳥は、すぐにスケジュールの確認をしました。

その日は問題なく一緒に過ごせそうで、似鳥は外食しようと提案します。

女性に何をプレゼントすればいいか分からない似鳥は、美波本人に何が欲しいか尋ねました。

しかし美波はプレゼントより、一緒に祝ってくれるだけで充分嬉しいと笑います。

好きな人と過ごせる誕生日を美波はとても楽しみにしていました。

 

◆プレゼントに悩む似鳥は・・・

いらないと言われた誕生日の贈り物ですが、似鳥は送りたいと思っていました。

しかし何が良いのかさっぱり分からず、頭を抱えます。

本ならわかるのにと頭をかきむしった似鳥は、女性の意見を聞きたいと思いました。

何かを思いついた似鳥は情報を手に入れて、鼻歌を歌いながら廊下を歩きます。

するとスキップしそうなほどご機嫌な似鳥に、別の教授が声を掛けてきました。

その教授は急遽頼みたいことが有って、似鳥の部屋に行く途中だったと言うのです。

 

◆帰宅した似鳥が言ったのは・・・

帰宅した似鳥はピンチヒッターとして、学会に出なければいけなくなったことを伝えます。

それが運悪く美波の誕生日にあると言うのです。

学会の後も親睦会が有り、泊りになりそうだと似鳥は頭を下げます。

以前変わってもらったことがある似鳥は、今回断ることができなったと謝罪しました。

美波は寂しそうな表情を浮かべますが、仕事だからしょうがないと言って頑張って来てと笑みを浮かべます。

似鳥は美波を抱きしめて、再度謝罪しました。

寂しくてもこればかりは仕方ありません。

美波は似鳥の腕の中で私より仕事が大事と思うほど子供ではないのです。

 

◆似鳥が学会に行ったと聞かされた寄子は・・・

寄子は似鳥が学会に行ってしまったと聞かされますが、今日は用事があって美波に付き合うことができません。

学会の準備でしばらく大学に泊まり込んでいた似鳥とは、帰ってからお祝いをする約束をしたと美波は言いました。

それを聞いた寄子は誰よりも似鳥が残念がっていると思うと言います。

美波は一人で迎える誕生日がどうしても寂しかったら、実家に帰るから大丈夫だと笑いました。

◆仕事を終えた美波は・・・

仕事を終えた美波は一人で帰りながら、似鳥との同棲をよく思っていない父親がいる実家に帰るのをためらっていました。

するとスマホにメッセージが届き美波は似鳥かと期待しますが、母親からの誕生日祝いのメッセージで残念に思います。

夜になっても忙しい似鳥からは連絡がなく、美波は似鳥にとっては文学が一番なのかと悲観的になってしまいました。

たかが誕生日を一緒に居られないだけだと、自分に言い聞かせる美波の目には涙が浮かんできます。

すると玄関がバタンと閉じる音がして、階段を上がってくる足音が聞こえてきました。

美波が何事かと驚いていると、似鳥が息を切らして寝室に入って来たのです。

美波は泊りと言っていた学会はどうしたのかと尋ねました。

似鳥は学会を終えて親睦会に少し顔を出しただけで、抜け出してきたと言います。

似鳥はベッドに腰を下ろして、義理は十分果たしてきたと言いました。

そして何より、美波の誕生日をお祝いする方が大事なのです。

泣きそうになっている美波に寂しい思いをさせたので、以前約束通り抱きしめに帰ってきたと言いました。

直接お祝いの言葉を言いたかったと言った似鳥は、美波に誕生日祝いの言葉を送りました。

そして美波が生まれて来て、好きになってくれたことを感謝します。

似鳥は泣きながら抱きついてくる美波に、甘やかされてばかりだから美波も甘えてと伝えます。

昔より大人になって、わがままを聞く余裕は出来たつもりなのです。

美波は似鳥がちゃんと美波のことを考えてくれていることを嬉しく思いました。

 

◆誕生日プレゼントを貰った美波は・・・

似鳥からネックレスをプレゼントされた美波は、ネックレスが以前から気になっていたものだということに驚きました。

似鳥は何がいいか全く分からず、美波のそばにいる寄子なら分かると思って若い女性に喜ばれるものを聞いたと言います。

似鳥はあくまで一般論として聞いたから、付き合っていることはバレていないとドヤ顔をしました。

付き合っていることをすでに知っている寄子は、おそらく不自然な質問でも知らないふりをしてくれたのでしょう。

そして似鳥はコンビニで買ったケーキでお祝いしようと、袋からケーキを出しました。

しかし似鳥が走ってきたためにケーキは崩れてしまっていました。

早く美波に会いたくて走って来たからだと、似鳥は顔を赤くします。

美波は最初に会った時から変わらない似鳥に、大好きだと言ってキスをしました。

今年は一生忘れられない誕生日になりそうです。

 

シバコロ
シバコロ
『似鳥教授の可愛い悪あがき』第10話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第10話では、ベッドに一人で横になった美波が誕生日だと言うのに、恋人の似鳥からメッセージの一つも貰えないと涙を滲ませるところに共感しますね。
いくらサプライズで帰ってくるつもりだったとしても、連絡が無いと寂しいと思います。
恋愛になれていない似鳥がそこまで気が回らないのは仕方ありませんが、美波が可哀想だと思いました。

『似鳥教授の可愛い悪あがき』10話「早くあなたに会いたくて」感想まとめ

一緒に過ごせると思っていた誕生日に、急に仕事が入ったと言われたら落差で余計落ち込みそうです。

最初から仕事だと言われていればそこまで無いのでしょうが、上から下に急降下する気分は良い物ではありませんよね。

仕事だとわかっていてもメッセージくらい送ってほしいものです。

けれど会えないと思っていたのに、帰ってきてくれたことは凄く嬉しかったことでしょう。

上げられて、下げられて。

最後にまた上げられて。

感情の起伏が激しい回でした。

美波が誕生日を大好きな似鳥と過ごせて本当に良かったと思いました。

そして付き合っていることを知っている寄子に、美波の欲しいものを聞いた似鳥。

どや顔で付き合っているのはバレていないと胸を張っているのは、少し呆れてしまいました。

美波も寄子には話していると言ってなかったんですね。

後になって寄子が知っていたとわかったら、似鳥はすごく恥ずかしい気持ちになるだろうと思います。

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
\還元率No.1/
コミックシーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
・読み放題プランや漫画のレンタルを利用することができる
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
・会員登録をすると無料で読める作品が多数
・無料で読めるマンガの数が豊富
・大人向け漫画の取り扱いが豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!