TL漫画

【オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます】32話ネタバレ|辰巳と絢胤の関係は、悪化する一方で…?

スキして?桃色日記で掲載中の『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます(天真夜先生)』の第32話のネタバレと感想をまとめました。

【『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』前話あらすじ】

奈津目組の辰巳(たつみ)には気に入られてしまったのか、その後も何度も大量のバラが送られてきてしまい戸惑うさら。

そんな中で七夕が近づき、さらの元へは久しぶりに絢胤(あやたね)が会いに来て…?

\『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』第32話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

【オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます】最新話から最終回(結末)まで全話ネタバレまとめスキして?桃色日記で大人気の作品『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます(天真夜)』の第一話から最新話までのネタバレをまとめました。 ...

『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』第32話「終わりの始まり」ネタバレ

◆組長殺しの事情

場面は、絢胤と部下の草壁(くさかべ)が辰巳に会うためにマンションを訪れるシーンです。

そこでは辰巳の配下である斉木(さいき)に案内され、とある部屋へと向かいます。

そこに行くまでには専用のカードキーが必要で、わざわざ見せつけるようにして部屋を開ける斉木。

するとそこでは、話を聞いていた辰巳が絢胤の来るのを待っていました。

 

出会ってすぐに、絢胤は本題に入るため持っていた書類を辰巳に向けて投げます。

そこには、事前に絢胤が調べていた辰巳と元組長である奈津目宗吾(なつめそうご)とのやり取りの詳細が書かれていました。

組長殺しとして、問題となっていた辰巳。

絢胤はそんな証拠を、奈津目組から抜けた組員たちから集めていたのです。

 

そこで、絢胤から辰巳への要求は2つでした。

1つは、甲崎組での絢胤との跡目争いから手を引くこと。

これは、絢胤が冷酷な辰巳には大事な組員を任せられないと感じていたからです。

そうして、絢胤が告げたもう1つの要求は…?

◆お互いに理解できないこと

絢胤が辰巳に告げたもう1つの要求は、さらに手を出さないことでした。

ここ最近、さらのもとへ辰巳が通っていたり、バラを大量に送っていたり…そんなことを知って、大切な更に手を出されていることが気に食わなかった絢胤。

しかし、辰巳の方は2つの要求を、そもそも呑むつもりはありませんでした。

辰巳の言い分としては、あの組長殺しは元々宗吾の方から弱った姿を部下たちに見せたくないから殺してほしいと告げてきたものだというのです。

そんなことから宗吾を殺した後は、次期組長として組を支えてきた辰巳。

付いていけない部下たちは辞め、今部下にいる者こそ自分の考えに賛同してくれている部下たちだと話します。

 

ですが、それらを理解できない絢胤。

そんな言い分自体、辰巳の詭弁でしかないからです。

結局、辰巳の方も絢胤のことを理解できないと、結局交渉自体は決裂してしまいました。

 

そうして、そんな帰り道のことです。

斉木によって出口まで見送られる絢胤たちですが、そこでは斉木に、ここまで辰巳を怒らせたら何をするかわからないなんて声を掛けられました。

そこでは、斉木の言葉に何かひやっとしたものを感じた絢胤。

そんなことから、さらを傷つけられないためにも警戒を強めることにしたのです。

◆さらの励まし

場面は、辰巳と別れて甲崎組にやってきた絢胤と草壁のシーンです。

しかし、そこでは家中から悲鳴が聞こえるほど騒がしくて、何かが起きたのだろうと駆けつける絢胤たち。

ですが、そこではただ飛び回る虫に騒いでいただけのようでした。

場面は少し落ち着いて、さらは少し落ち込んでいる様子の絢胤に声を掛けます。

辰巳とは上手くいかなかったような絢胤の表情を心配するさら。

そうしてさらはそこで、絢胤に少しでも元気を出してもらおうと、今日は夜にサービスすることを恥ずかしがりそうにしながら声を掛けました。

 

その後、そんなさらの励まし通りに夜になってから、絢胤の足の間にしゃがみこんで、硬くなったものを咥えるさら。

そこではさらは必死に、絢胤に元気になってもらいたいと大きく口を開けて愛撫をします。

しかし、そんなさらの様子に我慢も限界だった絢胤。

離してと告げても離してくれないさらには、お仕置きのようにして口の中で射精をします。

それからは完全に絢胤のペースになり、ぐずぐずになるまで抱かれてしまうさら。

結局、その夜は気も何度も絢胤に抱かれてしまったのです。

◆争いの火種

その後、1人シャワーを浴びていた絢胤ですが、そんな絢胤の元へ焦った様子の草壁がやってきます。

そこでは、事情を聞いてすぐに病院へとむかった絢胤。

実は、絢胤の部下であるキイチが何者かにぼこぼこにされていたというのです。

 

それから、キイチの傍に控えていた部下の慎二(しんじ)からは、とあるカードキーを差し出される絢胤。

それは、ぼろぼろになったキイチの傍に落ちていたといい、絢胤はそれが、辰巳の元へと向かった際に、斉木に見せられたカードキーと同じものだと気づきました、

そんなことに気付いてすぐに、部屋を飛び出す絢胤。

付いてくるという慎二や草壁の言葉を無視して、怖い顔をした絢胤は、辰巳の元へは1人で乗り込むつもりのようで…?

シバコロ
シバコロ
『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』第32話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第32話では、絢胤とさらがえっちしているのですが、いつも以上に甘々な展開でした。

なにより、さらは辰巳との関係が上手くいかずにいる絢胤のことを励まそうとしていて…そんなことから、さらが積極的に舌で愛撫したり、気持ち良くさせたり。もう、そんなシーンは目が離せない展開です!!

\『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』第32話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』第32話「終わりの始まり」感想まとめ

今回、お話では甘々なさらと絢胤の様子が見れて良いなぁと感じていたのですが、その裏でまさかのキイチがぼろぼろにされてしまう展開でした。

そんなキイチですが最近出番が少ないものの、以前はさらが好きな気持ちを押し殺しているシーンがありました。

さらがすでに絢胤と両想いなことから、何もできずただ見つめているしか出来なかったキイチ。

そんなキイチが今回ボロボロにされてしまうなんて…!!

そんなことを知った、さらのほうも凄く傷つきそうな展開ですよね。

 

どこにも、綺麗に収まるところがない絢胤と辰巳の争い。

もう、今はお互いに争う気になっているので…大きな事件に発展しなければ良いのですが…。

次回は、めちゃくちゃ怖い顔をした絢胤が単身で辰巳の元へ乗り込むシーンからで、凄く気になる展開です!!

\『オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます』第32話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!