青年・少年漫画

【堕ちる】2話ネタバレ|正美は、誰かに抱かれたい気持ちを持て余して…?

eビッグコミックで掲載中の『堕ちる(菊池直恵先生)』の第2話のネタバレと感想をまとめました。

【『堕ちる』前話あらすじ】

ある日、検察官である女性が売春相手に殺される事件が起きました。

そうして、そんな事件のきっかけは11年も前に遡ることとなり…?

\『堕ちる』第2話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

 

『堕ちる』第2話「バレなきゃ大丈夫」ネタバレ

◆父親の急逝

場面は、正美が大学生の頃です。

父親が飲酒運転をした車に巻き込まれ急逝し、正美はショックを抱えていました。

父親とは性的関係を持っていただけでなく、本気で恋愛感情まであった正美。

そんな正美の夢は父親と同じ検察官を目指すことで…そんな風にして憧れていた父親は、急に居なくなってしまったのです。

 

その後、場面は正美と母親の会話するシーンです。

父親の葬式が終わり、思い出を話す母親。

しかし、正美はそこで母親に【正美と父親の関係には気付いていた】なんて告げられてしまいました。

そうして同時に、自分も正美と父親がが関係を持つ木曜日は、習い事と嘘をついて浮気相手のところに行っていたと話す母親。

その後、父親を喜んで受け入れる正美を気持ち悪かったと告げる母親ですが、近親相姦も不倫も、結局はお互いに合意であれば処罰されないから…なんて話すのです。

お互いの関係を秘密にしたまま、別々に暮らそうとそう提案する母親。

検察官を目指していた正美にとっては、大きな問題を起こしたくないため、そんな母親の提案は受け入れることにして…?

 

◆身体の疼き

1人暮らしを始めた正美ですが、真面目に勉強する中でふと、父親に抱かれているときのことを思い出すことがありました。

勉強をして、父親のような検察官にならなきゃと真面目に考える中で、突然に身体が疼いてしまう正美。

しかし、そんなある日に、正美に声を掛けてきた男性がいたのです。

同じ大学に通う松岡は、ここ最近様子がおかしい正美のことを心配して声を掛けてきたようでした。

そんなことから、松岡が自分に気があるんじゃないかと気付いた正美。

実際に、そう松岡に尋ねてみると、彼は顔を真っ赤にするのです。

 

ですが、そんな松岡の存在は、正美にとって都合の良いものでした。

そこでは、すぐに松岡にキスをした正美。

そうして正美は、疼く体を今すぐにでも鎮めてほしいと、松岡にはこのままえっちがしたいと告げて…?

 

◆好きな相手

正美の言葉に興奮した様子で手を取り、家まで引き入れてくれた松岡ですが、そんな彼の部屋は散らかったままでした。

しかし、そんな様子を気にしていない様子で、玄関で着ていたワンピースを脱いで下着姿になる正美。

正美にとっては、今すぐにこの身体の疼きを止めてほしいと考えていたのです。

 

一方で、そんな様子の正美に、松岡の方も限界でした。

玄関先に正美のことを押し倒して覆いかぶさる松岡。

松岡にとっては、きっと正美も自分と同じように好きでいてくれて…だからこそ、こんな風に喜んでくれているんだろうと思ったのです。

…ですが、松岡から好きなんだよね?なんて確認され、正美は一気に我に返ります。

ただ身体の疼きを止めたいと考えていただけの正美は、急に好意を向けてくる松岡に対しては冷めてしまったのです。

自分はえっちがしたかっただけだとそう告げて、服を整えだす正美。

正美は松岡へと冷たい態度に変わり、そんな様子に松岡はキレてしまって…?

 

◆満たされない

家に帰った正美は、シャワーを浴びながら亡くなった父親のことを考えていました。

松岡には無理に犯されることになりましたが、体の疼きが止まらない正美。

正美にとっては、【大好きだった父親とのえっち】で自分がずっと満たされていたと感じるのです。

 

そうして、その夜に正美は堪えきれなくなって家を出ます。

今だに体の疼きが止まらず、誰かに抱かれたいと考えた正美。

しかし、そんな相手をネットで探す手段を考えたものの、以前から父親には【証拠を残さないでえっちをするよう徹底されていた】正美なので、書き込みを辞め、直接探しに街中へと出ました。

薄暗い路地裏へと向かえば、自分と同じような考えの女性たちの視線を感じる正美。

ここでは、客になりそうな男を待っている女性たちが、あちらこちらで立っていたのです。

 

そんな中、正美は父親のような男性を探していました。

同じような背格好で、年の取った男性を探す正美。

ですが、正美はしばらく歩いた後、父親と似た男性のことを見つけたのです。

そんなことから、男性に声をかけた正美ですが、真面目そうな正美の姿に声を掛けられた男の方は混乱した様子でした。

売春婦ってよりは警察官に見えるとまで言われてしまい、逃げるように去って行ってしまう男性。

正美はただ1人、その場に残されることとなったのです。

 

◆抱かれるために

父親に似た男性とえっちがしたいと考える正美ですが、正美が男性にお金はいらないと告げると、男性は訝しげな顔をしていました。

何か裏があるように思えた正美のそんな言葉。

ですが、正美にとっては今まで真面目に過ごしていた中で、売春は法律で禁止されているからお金はいらないと、そう告げただけなのです。

 

しかし、相手にもしてもらえなかった正美。

そんな正美は、ふと過去のことを思い出しました。

父親にも母親にも言われていた、【バレなきゃ大丈夫】なんて言葉をふと思い出した正美。

そんなことから正美は、真面目そうに見えるジャケットを脱ぎ眼鏡を外して、胸元を大きく開けます。

それから、去っていった男にもう1度声を掛けた正美は、さっきとは違う妖艶な姿で、2万で自分のことを抱かないかなんて声を掛けて…?

シバコロ
シバコロ
『堕ちる』第2話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第2話では、地味な正美が見違えるほど美人に変身します!!

父親似の男性に振り向いてほしいと、眼鏡を外して、ワイシャツの胸元も谷間が見えるくらいに開けちゃう正美。そんな正美の豹変ぶりは、もう本当にやばすぎました!!

『堕ちる』第2話「バレなきゃ大丈夫」感想まとめ

父親との近親相姦に読んでいてハラハラしていた正美ですが、その父親があっさりと亡くなってしまいました。

それも母親には全部知られていて…?

そんな展開はもう、ゾクゾクするような内容です!!

 

それから、正美って父親に抱かれて嫌だった訳でなく満たされていたので…なので、抱いてくれていた父親が消えて身体が疼いちゃうんですよね。

そんなことから手軽な松岡で発散しようとしたり、街で見かけたおじさんに声をかけたり、そんな正美の積極的な様子からも目が離せません!!

 

ちなみに、正美のこのころのお話って、1話の序盤に出ていた【殺害された売春をしていた女性検察官】につながってくると思うのですが…この殺害された女性検察官は正美なのか?

そうして、正美だったらどんな理由で死んでしまったのか?と気になるところですよね。

次回は最終巻なので、そんな謎も全部明かされてくるかなと思います!!

\『堕ちる』第2話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
\還元率No.1/
コミックシーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
・読み放題プランや漫画のレンタルを利用することができる
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
・会員登録をすると無料で読める作品が多数
・無料で読めるマンガの数が豊富
・大人向け漫画の取り扱いが豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!