女性・少女漫画

【皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~】20話ネタバレ|皇太子を守る第二騎士団の問題とは!?

めちゃコミックで連載中の『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~(Anne/Steak/Jaha先生)』の第20話のネタバレと感想をまとめました。

【『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~』前話あらすじ】

随時更新していきます!

『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~』20話「傲慢な騎士」ネタバレ

◆向けられた剣を受け止めたローハンは・・・

ローハンは自分に向けられた剣を受け止め、身を低くして相手に束の部分でついて倒します。

倒されたのはローハンの部下で、ローハンはむやみに剣を打とうとするなと言っただろうと叱責しました。

倒された部下はすぐに立ち上がり、すみませんと落ち込んだ様子を見せます。

するとローハンは急にお客様が来たから、今日の訓練はここまでにすると言い出しました。

部下たちが一斉にローハンの視線の先を見ると、第三皇子のレオンがキラキラした瞳をして立っているのが目に入ります。

ローハンにも第二警備隊の試験を見に来てほしいと、レオンが迎えに来たのです。

歩きながらレオンが説明すると、レオンは首を縦に振りました。

レオンは頼みごとを聴いて貰えて、よかったと花のような笑みを浮かべて喜びます。

レオンは笑顔でレオンに応えるローハンに、母親の友達なのか尋ねました。

ローハンはレオンがどうしてそんなことを言っているのか分からず、立ち止まってレオンを見おろします。

レオンは母親が心を許して話している姿を見たのは、初めてなのだと答えました。

ローハンは第二王妃のエリサが心を許しているようには思えず、そうなのかと首をかしげます。

レオンは見ればわかると言ったレオンは、母親はローハンの前では冗談も言っていると続けました。

 

◆第二警備隊の試験の雰囲気はとても悪く・・・

レオンは試験会場で見学しているエリサの元へ、笑顔で駆け寄ります。

エリサは駆け寄って来たレオンが、ローハンを連れてきていることに気が付きました。

ローハンが頭を下げて挨拶をすると、レオンはやはり母親は喜んでいるだろうとヒソヒソ話をします。

ローハンにはエリサの無表情から感情を読み取ることはできませんが、レオンに同意する返事をしました。

その時。

第二騎士団の試験を監督している近衛隊長の怒鳴り声が響きます。

第二騎士団として剣術の技術が不足しているというのです。

ローハンは驚いて試験の様子を振り返りました。

近衛隊長は警備隊ごときが「マナロード」の扱いを心得ているとは思っていなかったが、やはりマナが乱れているとバカにするような発言をします。

たちが悪かった以前の第二騎士団以上に今回も質が悪いと言われ、団員たちは不服の表情を浮かべました。

ローハンはエリサにずっとこの調子で騎士団をバカにしているのかと、エリサに尋ねます。

エリサはこれでもマシになった方だと言いました。

エリサが止めに入らなければ、今よりもっと酷い言いようをしていたのです。

皇宮へ入れる人材を厳しく選別するのは当たり前のことなのは、ローハンもわかっていました。

皇宮警備という大人数の部隊を任されていて、高い爵位を持っている近衛隊長が出てくるのもおかしい事ではありません。

そうだとしてもそこまで酷い言いようをするほどだとは、ローハンには思えませんでした。

ローハンが近衛隊長に近づこうとすると、エリサが袖を掴んで口を挟めば立場が悪くなるかもしれないと注意します。

ローハンは問題が有った以前の第二騎士団の時は、名分がなくて何もすることができなかったと言いました。

しかし今回は問題を目撃しているので、口出しすることも可能なのです。

ローハンは正しい道に進めるのなら、立場など大したことは無いと考えていました。

そう言うと、ローハンは近衛隊長の元へ駆け寄ります。

 

◆悪態をつき続ける近衛隊長に・・・

近衛隊長はこれ以上は見る価値もないと、警備隊に背中を向けました。

そこにローハンが近づき、背後から何か問題が有ったのかと声を掛けます。

ローハンの声に驚いた近衛隊長が振り返ると、ローハンは警備隊の出身が気に入らないからいちゃもんをつけているだけではないのかと厳しい視線を向けました。

近衛隊長は冷や汗を流しながら口ごもります。

するとローハンは今の警備隊員に皇太子の騎士が務まるのか心配になるのもわかると、理解を示してフォローを入れました。

そして剣を抜いたローハンは自分も力を貸すと言って、警備隊員に稽古をつけ始めます。

エリサはレオンと手を繋ぎ、二人でローハンが稽古をつけている様子を見ていました。

意図したわけではないでしょうが、レオンがローハンを連れて来てくれたおかげで王宮警備の問題を無理なく解決できてエリサは安堵します。

レオンがローハンを連れて来た理由が解らなかったエリサは、レオンにローハンが気に入ったのか尋ねました。

レオンは照れくさそうに頷き、いつかローハンのような人になりたいと笑顔を浮かべます。

エリサは少し驚いた表情を浮かべますが、すぐにそれは素晴らしいことだとレオンに微笑みかけました。

シバコロ
シバコロ
『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~』第20話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第20話では、

無邪気に笑うレオンにメロメロです。
まるで天使のような笑顔は、誰もが魅了されるに違いありません。
無表情の母親の感情の機微を感じ取れるところも、プラスですよね。
癒し効果があるレオンの笑顔を、是非一度は見ていただきたいです。

『皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません!~』20話「傲慢な騎士」感想まとめ

過去ではエリサが厳しくしつけていたせいで、夢を持つことが無かったレオンがローハンのような人になりたいと思うようになりましたね。

毒を飲んで死んでしまった過去とは大きく変わってきています。

過去も現在もエリサの気持ちは、レオンを守るため。の一言に尽きるのでしょうが、随分対応が違います。

そのおかげでレオンは母親が大好きな息子になり、素直で真っ直ぐに成長してきました。

だからこそ無表情の母親がローハンを信頼していると気が付けたのでしょう。

エリサがすごく喜んでいるとヒソヒソ話されたローハンは同意しましたが、きっと心の中では「え?どこが?」と思ったに違いありません。

他人には分からなくとも、息子には感情が伝わっていると言うことですね。

エリサ自身、それも過去と違って嬉しいのではないでしょうか。

過去ではレオンを大切に思っていても、やり方を間違ってその気持ちは全く伝わっていませんでしたから。

今回は親子の繋がりを感じられる幸せを実感していることでしょう。

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
\還元率No.1/
コミックシーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
・読み放題プランや漫画のレンタルを利用することができる
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
・会員登録をすると無料で読める作品が多数
・無料で読めるマンガの数が豊富
・大人向け漫画の取り扱いが豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!