女性・少女漫画

【離縁は致しかねます!】31話ネタバレ|寛志は平岡との過去を話し始め!?

めちゃコミックで連載中の『離縁は致しかねます!(山口恵さん)』の第30話のネタバレと感想をまとめました。

【『離縁は致しかねます!』前話あらすじ】

平岡の主催している教室にやって来た千春は、声を掛けても反応が返ってこず困っていました。
すると中から声が聞こえるのに気が付き、庭の方に回った千春が目にしたのは・・・。

https://www.vlhl.jp/rienha-matome/

『離縁は致しかねます!』31話「史子と寛志の関係」ネタバレ

◆帰宅した寛志と千春は・・・

寛志と千春は、平岡とその夫との話し合いの立ち合いから帰宅します。

千春は寝る準備を済ませて寝室で読み物をしている寛志に、お茶を淹れてきました。

寛志はまだ平岡たち夫婦のことを心配している千春に、少なくとも平岡は大丈夫だろうといいます。

昼間の話し合いで平岡は夫に対して、絶対に夫の元に戻ることは無いとはっきり言っていたのです。

夫の方も平岡の意見を受け入れ、正式に離縁が決まったのですから、それ以上寛志や千春ができることはありません。

千春は平岡の手紙に書いてあった人権運動に対する支援の話は、受けるつもりなのか尋ねました。

寛志はもちろん断ったと言います。

誰かを支援したり、無償で人のためになにかできるほど人間が出来ていないというのが理由のようです。

寛志は読んでいた本をサイドテーブルにおくと、ベッドに座っていた千春に顔を近付けました。

そして寛志が幸せにしたいと思う女は、この世で千春だけだと断ったもう一つの理由を言います。

千春は一気に顔を赤くしました。

寛志は平岡の家で平岡の夫に対して、堂々と啖呵をきった千春に惚れなおしたと言います。

しかし千春はそんないいものではないと言いました。

心の整理はついたと自分に言い聞かせていても、心の片隅に寛志と平岡の過去が気になって仕方がない弱い女なのだというのです。

千春は寛志を想うほどに、強い心はもてそうもありませんでした。

◆平岡との過去を話し始めた寛志は・・・

弱さをさらけ出せるのは強い証だと思うと言った寛志は、天を仰いで弱いのは自分の方だと言います。

寛志が平岡と知り合ったのは、寛志がまだ学生だった頃でした。

親が残したお金で学校に通っていた寛志は、知り合いの伝手で日銭を稼いでなんとか生活していたのです。

その日も人けのない場所で知り合いと会っていた寛志は、明日の仕事の約束をしていました。

その知り合いは寛志に学校は辞めて、しっかり稼ぐことに専念することを勧めます。

しかし寛志は亡くなった母との約束だから、辞める気はないと答えました。

そこにやって来たのが平岡だったのです。

話の邪魔をしたと謝罪する平岡に、寛志の知り合いはあいびき相手でも待っているのかと話し掛けました。

平岡が否定すると、知り合いの男はそれなら遊び相手を探しているのかと言って平岡に迫ったのです。

寛志はとっさに平岡を背に庇って、自分があいびき相手だと言って止めに入りました。

◆平岡を自宅まで送る寛志は・・・

寛志は平岡を送る最中、勝手にあいびき相手にしたことを謝罪します。

平岡はそんなことは気にせず、助けてくれたことのお礼を言いました。

寛志は自宅まで送ると言って、平岡の自宅を尋ねます。

そこは砂糖卸しの大店である岩田屋でした。

当時の平岡は岩田の姓を名乗ります。

寛志はそんなところのお嬢さんが、先ほどの所のような人けのない所に来てはいけないと注意しました。

平岡は寛志があの場所へ入って行くのを見かけたことが有ったので、足を踏み入れたのだと言います。

寛志は平岡が自分の名前を知っていることに驚きました。

平岡は寛志が行商で岩田屋に来ていた時に、名前を耳にしていたのです。それで平岡は寛志と話がしてみたいと思い、先ほどの場所に行ったのだと頬を染めながら言いました。

すると平岡を呼ぶ声がします。

平岡の父親が人手を使って、平岡を捜していたのです。

平岡は寛志を危ないところを助けてくれた人だと紹介しました。

寛志が軽く頭を下げると、平岡の父親は寛志を蔑むような目で見ます。

ところが平岡の父親は急に笑顔になり、平岡を助けてくれてお礼をするために家に来るよう寛志を誘いました。

遠慮する寛志に、平岡も是非来てほしいとお願いします。

寛志も平岡と話したいという気持ちがあり、平岡の父親の言葉に甘えることにしました。

シバコロ
シバコロ
『離縁は致しかねます!』第31話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第31話では、寛志が千春に顔を近付けて「幸せにしたいと思う女性は、この世で千春だけ」と言ったところに思わずニヤニヤしてしまいました。
こんなこと言われたらときめいちゃいますよね。
千春も顔を真っ赤にして照れています。
また千春のその顔もかわいいんですよ。
寛志もそんな千春のかわいい顔が見たくて、わざと近づいて言ったのだと思います。

『離縁は致しかねます!』31話「史子と寛志の関係」感想まとめ

前の晩は喧嘩したようになっていたので、自然に仲直り出来て良かったですね。

平岡と平岡の夫の離縁は決定し、寛志は平岡への支援はしないと決めたと言うので千春も一安心でしょう。

そして寛志は平岡との過去を話し始めましたね。

今のところどこに隠す必要があったのかといった感じですが・・・。

あまり良くない仕事の約束をしているところに平岡がやってきて、寛志と話したかったら追って来たと言うことでしょう。

そして寛志も平岡に興味をいだいたということだけじゃないのでしょうか。

弱さをさらけ出すことができないという話なら、この後になにか寛志の弱さが明らかになるようなことが起きるということかもしれませんね。

寛志と平岡に一体何が有ったのでしょう。

それを全て聞いたら、千春はどう思うのでしょうか。

隠されている方が勘ぐって嫌だと思う気持ちはわかりますが、千春がショックを受けるようなことでないことを願います。

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!