女性・少女漫画

【転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい】37話ネタバレ|樹里からパーティーに誘われた奈々は!?

めちゃコミックで連載中の『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい(Ake先生)』の第37話のネタバレと感想をまとめました。

【『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい』前話あらすじ】

金城と会った夜。
奈々は金城から明日家に来るようにメッセージを貰います。
一度断りはしたものの、それから返信が無いことにソワソワしていた奈々は夢の中で・・・。

『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい』37話ネタバレ

◆暗くなってきたから帰ると申し出る奈々を・・・

奈々はもう暗くなってきたから用が無い様なら帰ると、八雲に申し出ます。

すると八雲は24時間付き合うように言ったはずだと、奈々のことを睨みました。

さすがに24時間一緒に過ごすことは奈々も許容できません。

奈々が丸一日は絶対無理だと断固拒否すると、八雲は夕食までは付き合うように譲歩案を出しました。

安藤は奈々と八雲の様子は普通のカップルの痴話げんかにしか見えず、そんな八雲の姿は一生見れないと思っていたので感動します。

安藤は八雲の相手をする奈々を、陰ながら応援していました。

その頃、樹里のスマホには八雲が奈々の会社の株を購入して、奈々の窮地を救った情報が届きます。

樹里は奈々の名前をつぶやき、笑みを浮かべました。

 

◆盛興産の仕事をしていた奈々に・・・

数日後。

盛興産の資金について財務部で比較するように奈々が指示を出していると、大秦という女性が奈々に会いたいと行ってきていると連絡が来ます。

奈々の知る大秦という姓の女性は、樹里しかいません。

奈々が女性を待たせている場所に出向くと、面会を求めて来たのはやはり樹里でした。

樹里は出してもらったコーヒーを飲みながら、年若い奈々がこんなに立派な企業を経営している事に驚いたと言います。

そして今、時間があるなら良いニュースが有るから、カフェで話をしようと奈々を誘いました。

樹里はカフェにつくと、奈々にパーティーに参加しないかと言い出します。

大秦家が開く普通のパーティーだから、難しく考えないで良いというのです。

奈々は盛興産規模の会社では、大秦家の集まりに呼ばれるなど有り得ないと思っていました。

それなのにどうして樹里が奈々を誘うのか疑問に思います。

樹里は若くして経営者になった奈々には、このパーティーでコネを作るのは会社のメリットになると言いました。

樹里は奈々が八雲の姪だから気に掛けるのは当然だと言います。

奈々は樹里に八雲の姪だと言ったのは嘘だと、謝罪しました。

樹里と初めて会った日のパーティーも、八雲に無理やり連れて行かれただけだと説明します。

すると樹里は奈々と友だちになりたいのは変わらないから、それは問題ないと言って立ち上がりました。

そして金曜日に行われるパーティーの招待状を置いて、サプライズがあるはずだと言って帰って行きます。

奈々は樹里にお礼を言って見送りました。

招待状を手にした奈々は、嘘を許してくれた樹里は顔も心も美しい人だと思います。

そしてずっと八雲に頼ってばかりいられないと思った奈々は、パーティーでチャンスをつかんで会社を成長させる気になっていました。

 

◆文秀を伴って大秦家のパーティーに参加した奈々は・・・

金曜日。

奈々は文秀を連れて大秦家のパーティーにやってきました。

樹里は普通のパーティーと言っていましたが、あらゆる業界の大物の姿が有ります。

文秀は奈々を招待した樹里がいう通り、とても貴重な機会だと言いました。

そこに樹里が姿を見せます。

奈々は挨拶が遅れたことを謝罪し、文秀を紹介しました。

するとパーティーの参加者の父親が会いたいと言っていると、文秀に声を掛けます。

文秀は断ろうとしますが、奈々は樹里がいるからそっちを優先していいと言いました。

二人はパーティーが終わったら会場の外で待ち合せる約束をして、別行動をとることにします。

奈々は樹里に連れられて、しばらく色々な人に紹介してもらいました。

 

◆奈々を褒める樹里は・・・

樹里はその紹介した人たちが、奈々の最近の企画を褒めていたと言います。

奈々は今後盛興産はどんどん良くなると思うという樹里に、まだ勉強することはたくさんあると謙遜しました。

すると樹里は可愛くて優秀な奈々は男の子に持てるだろうと突然言い出し、好きな人はいないのかと質問します。

そしてもう友達になったから、樹里は自分の秘密を教えてあげると言い出しました。

奈々はなぜだか鼓動が早くなり、何か恐ろしいことが起こるような不安にかられます。

樹里の言っていた秘密とは、樹里がもう十年も八雲に片思いをしていると言うことでした。

八雲はすごく優しいのにいつも冷たい顔をしていて、普通の人は近付けもしないと言います。

樹里はそんな八雲に相応しいのはどんなすごい女性なのか考えていて、告白できずにいたというのです。

樹里は偏屈な八雲のそばにいる奈々は、さぞかし大変で困るだろうと奈々に言いました。

奈々は早く何か言わないといけないと思うのですが、うまく言葉が見つかりません。

するとそこに大秦財閥の人間が、会長が樹里を探していると言いに来ました。

樹里は開会式のスピーチが終わって戻ってくると言いますが、奈々は子供ではないから大丈夫だと笑顔で返します。

大秦財閥の人間は樹里に、このパーティーは会長が樹里の相手探しのためのようなものだから真面目にするようお願いしていました。

樹里は結婚は無理やりさせるものじゃなく、縁だと笑みを浮かべます。

奈々は去って行く樹里の後ろ姿を見送りました。

シバコロ
シバコロ
『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい』第37話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第37話では、文秀と二人でパーティーにやって来た奈々が、とても素敵です。
元々スタイルがいい奈々のドレス姿がとてもかわいいですよ。
ドレスも淡いピンクで、デザインも奈々に似合っていると思いました。
それにカッコいい文秀と並んでいるバランスも良くて、八雲が見ていたらヤキモチを妬きそうなくらいです。

『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい』37話感想まとめ

八雲は奈々の前だと我が儘な子供の様になりますよね。

奈々も八雲の前では素を見せているんじゃないかと思います。

安藤が二人の言い合いを見て、カップルの痴話げんかだと思う気持ちがよく分かります。

八雲と奈々では二人とも恋愛下手でなかなか発展しなさそうなので、安藤が上手に誘導して付き合うように仕向けてくれることを願います。

そして樹里は八雲の動向を逐一チェックしているんですね。

いくら好きだからと言っても、ストーカーみたいで怖いです。

それに八雲が樹里に興味なさそうだと気が付かないのでしょうか。

今まで一番近くにいるのは自分だと思っていたのに、奈々が現れたから悔しいのでしょう。

奈々と仲良くなって奈々をけん制するつもりなのでしょうが、そう上手くいくでしょうか。

もし奈々を八雲から引き離そうとしたら、八雲が黙っていないと思うんですよね。

八雲は樹里が泣こうが喚こうが、樹里を突き放す気がします。

そうなったら辛い思いをするのは樹里なのですから、強引なことはやめておいた方が良いと思いますよ。

と言って止めても、樹里はやめないでしょうけどね。

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
\還元率No.1/
コミックシーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
・読み放題プランや漫画のレンタルを利用することができる
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
・会員登録をすると無料で読める作品が多数
・無料で読めるマンガの数が豊富
・大人向け漫画の取り扱いが豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!