女性・少女漫画

【転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい】46話ネタバレ|貴教の不正の証拠を見つけた奈々は!?

めちゃコミックで連載中の『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい(Ake先生)』の第46話のネタバレと感想をまとめました。

【『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい』前話あらすじ】

貴教から不良品についての釈明のため与えられた時間は二日。
奈々は必死に証拠を探しますが見つかりません。
そんな時、助力を申し出た金城は・・・。

【転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい】全話ネタバレ|最新話から最終話結末まとめAke先生の作品『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい』の第一話から最終回(結末)までのネタバレを含むあらすじと感想を紹介していきます。...

『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい』46話ネタバレ

◆深夜0時を超えても仕事をしていた奈々は・・・

深夜0時を過ぎても仕事をしていた奈々は、文秀と取引先の処理状況について話をしていました。

奈々がさすがにこの時間では金城からの連絡はなさそうだと思っていると、タイミングよく金城からホテル皇城に来るよう連絡が入ります。

金城は手助けを申し出てからたった半日で、黒幕を見つけたのです。

三十分後。

奈々が指定された部屋に入ると、椅子に縛り付けられた男性は怯えて許しを請うていました。

金城は平然と腕組みをしてソファーに座り、奈々にこの男性を知っているか尋ねます。

人が多い財津グループ。

奈々は見覚えがあるような気はしますが、この男性が誰なのかはっきり覚えてはいませんでした。

金城が立ち上がっただけでビクつく男性に、金城は最初から説明するよう求めます。

 

◆金城に怯える男性の正体は・・・

男性は金城に怯えながら、財津グループの運営部門の深沢浩彦と名乗りました。

深沢は貴教から1週間前に大金を渡され、購入した謎の製品で材料を塗り替えるよう命令されたと自白しました。

貴教は塗り替えた後はどんな審査も騙しとおせると言っていたといいます。

この不正は他の会社との契約の一部でも行い、盛興産を潰すことに成功すれば一億七千万と財津グループの株の5%も譲る約束をしたと言うのです。

深沢は知っていることはそれだけだから、許してほしいと懇願しました。

貴教の不正を聞いた奈々は怒りで顔色を変え、深沢に貴教が二度と這い上がれないような証拠を渡すように言います。

四十分後。

金城は椅子から解放した深沢に、明日どうすればいいか言わなくてもわかるだろうと圧を掛けました。

深沢には金城に逆らう度胸など持ち合わせておらず、必ず奈々と金城が満足できるようにすると約束しました。

奈々が無言でうつむいていると、金城がうまくいけば明日にはケリがつくのだからもっと喜べと心配そうに声を掛けます。

奈々は金城が助けてくれなければ会社がどうなっていたかと、想像するのも怖いといいます。

奈々は大きな借りを作ってしまった代わりに、何か助けられることがあれば何でも一ほしいと金城に伝えホテルを後にしました。

残された金城は自分が欲しいものを奈々は与えることができないと、自嘲的な笑みを浮かべます。

 

◆盛興産にやってきた貴教と心美は・・・

翌日の午前九時。

仕事をしている奈々のもとへ女性従業員が慌ててやってきて、女性と一緒に貴教がやってきたと言いに来ます。

貴教が連れてきた女性が心美だということは想像できました。

貴教の今回の計画に、心美が口を挟まないわけがありません。

奈々は意気揚々とショーの始まりだと言って、女性従業員を連れて大広間に向かいます。

大広間にはやはり心美が座っていて、奈々の姿をみて下卑た笑みを浮かべました。

奈々が明日から会社をつぶした極悪人と称され、偉そうな顔はできなくなると信じ切っています。

貴教は奈々が目の前に立つと、裁判をすれば金額が跳ね上がるから賠償金をさっさと払えと命令しました。

奈々は預かっていた契約書をテーブルに叩きつけ、犯罪者にお金を渡す義務などないと笑いました。

 

◆シンガポールにいる八雲は・・・

その頃。

シンガポールでは八雲と一緒に仕事をしていた流水が、八雲とする仕事はキツすぎるとぼやきながらソファーで一息ついていました。

前から仕事中毒だった八雲は十日分の仕事を四日でこなし、さらに仕事中毒がひどくなっていたおかげでロクに睡眠もとれなかったのです。

流水は八雲がシャワーを浴びている隙に、スマホでバラエティを見て何か仕事につなげようと思っていました。

ところが流水が目にしたのはバラエティなどではなく、奈々が貴教と対峙している映像だったのです。

その姿はトップニュースとしてライブ放送されており、財津グループが虚偽告訴罪にかかわっていたというものでした。

タイトル的に奈々が上手く解決して有利だとわかります。

流水は八雲がいない隙に貴教が騒ぎを起こしたと、八雲に知られたらと独り言を口にしました。

それをシャワーを浴びて出てきた八雲に聞かれてしまいます。

スマホからは犯罪者と言われた貴教が、マスコミを大勢呼びよせていた奈々をボケと罵る声が流れました。

八雲はその声に怒りをあらわにし、怯えた流水は自分もさっき知ったばかりだと言って八雲を落ち着かせようとします。

すると八雲は流水にスマホを見せるよう言いました。

 

◆マスコミの前で騒ぎ立てる貴教を・・・

犯罪者扱いされて奈々を罵った貴教は非公開の場で済ませようと温情を見せたが、奈々がそんな態度なら法に従おうと騒ぎ立てます。

証拠の書類は握っているから法廷は財津の味方をすると言い張りました。

すると心美が貴教は損害を被っても父親の会社に免じて裁判にしなかったのだから、大騒ぎする必要はないじゃないかとかわいい妹を演じます。

奈々は心美がいることに気が付かなかった振りをして、自分も泥船に乗っているのだから人のことを心配している場合じゃないと嫌味を言いました。

こんなことがあって財津家が心美を守るとは思えないのです。

そして奈々は貴教に向かい合い・・・。

シバコロ
シバコロ
『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい』第46話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第46話では、奈々には金城が欲しいものを与えることができないと、自嘲的な笑みを浮かべた金城が印象的です。
も奈々の気持ちが金城に向くことがないとわかっているのに、それでも奈々を助けようとしたのです。
そのことに全く気が付かない奈々。
金城の表情は切ない気持ちを物語っていました。

『転生令嬢~もう一度御曹司に奪われたい』46話感想まとめ

金城の家って一体どんな家なんでしょう。

深沢の怯えようから考えて、もそれなりに酷いことをされたのは想像できます。

普通の会社の部下(?)は人をさらってきたり、縛ったり、殴ったりはしませんよね。

財閥と付くような大きなグループですから、綺麗ごとだけで会社が成り立たないことはわかりますが・・・。

そんな金城を敵に回してしまったのが、貴教の運の尽きだったのかもしれません。

貴教は奈々に金城が付いてるとは思ってもみなかったのかもしれませんが、少なくとも八雲は付いているのによく敵に回そうと思ったものです。

金城に怯えて奈々に力を貸すことを決めた深沢ですが、財津グループでの立場は大丈夫なのでしょうか。

このまま本当に奈々に協力すれば、財津グループにはいれなくなりますよね。

その時、金城財閥か盛興産で雇うのでしょうか。

暴力に負けて社長を裏切る社員も、社長から金銭を受け取ったからと不正を働く社員も雇うとは思えませんが大丈夫なんですかね。

そしてシンガポールにいた八雲にことがばれてしまいましたよ。

せっかく奈々が忙しい八雲を思って自分で解決しようとしたのに。

しかも恋敵の金城が手助けしたと知られれば一体どうなることだか。

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
\還元率No.1/
コミックシーモア
・無料会員登録で70%OFFクーポンプレゼント
・3日連続購入で最大600ポイントプレゼント
・月額メニュー登録で20,000ポイントプレゼント
・オトナ向け、TL、BLマンガの数が豊富
・読み放題プランや漫画のレンタルを利用することができる
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
・会員登録をすると無料で読める作品が多数
・無料で読めるマンガの数が豊富
・大人向け漫画の取り扱いが豊富
U-NEXT 31日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で600ポイントプレゼント
・継続利用で1200ポイントプレゼント
コミック.jp 30日間無料トライアル実施中
・無料トライアル登録で1350ポイントプレゼント
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・無料会員登録で100冊まで40%OFFクーポンプレゼント
・LINE登録で毎週10%OFFクーポンプレゼント
・月額プランは翌月100%還元実施中
error: Content is protected !!