女性・少女漫画

【わたし、今日から「おひとりさま」】7話ネタバレ|初給料でじゅりへのお礼を計画した泉は!?

めちゃコミックで連載中の『わたし、今日から「おひとりさま」(きよね駿先生)』の第7話のネタバレと感想をご紹介していきます。

【『わたし、今日から「おひとりさま」』前話あらすじ】

紐野の事で言い合いになってしまった泉とじゅり。
泉は翌日もじゅりに叱られたことを気にしながら、ミチとの待ち合せのカフェに向かいます。
一方じゅりは偶然仲が良かった高校の同級生と再会し・・・

『わたし、今日から「おひとりさま」』7話「初デートからのサプライズ」ネタバレ

◆泉の職場を訪れたじゅり・・・

じゅりは偶然再会した高校で仲良かった友達から、ミチが交通事故で無くなったことを聞かされました。

泉のことが心配になったじゅりは、泉の職場のカレー屋に顔を出します。じゅりは驚いている泉に、ちゃんと働いているか見にきただけだとごまかしました。

泉はじゅりを席に案内します。

最近帰宅が夜遅くなっていたじゅりは、泉と話していなかったから心配していたと言いました。

◆もうすぐ初給料の泉は・・・

すると泉はもう心配しなくて大丈夫だと笑みを浮かべて、賃貸物件のチラシを見せます。
泉はもうすぐ初給料が出るから、物件探しをしていると自信満々でした。

しかしじゅりは即座にやめるように言います。

今の泉を一人にしておきたくなかったからなのですが、じゅりは東京で引越しするには初期費用が最低50万はないと難しいのだと誤魔化しました。

その上泉には家具もないので、出費がかさむのも事実です。

泉はもう少し世話になると、じゅりに頭を下げました。

すると泉は店長からお呼びがかかります。

泉はメニューが決まったら呼んで欲しいと言って、じゅりの元を離れました。

店長はじゅりのことを泉の知り合いなのか尋ねます。

泉はじゅりを同居人だと紹介しました。

じゅりが頭を抱えている姿を店長はメニューに悩んでいると勘違いします。

泉はいつもお世話になっているじゅりに、今日は奢ってあげようかと思っていると言いました。

店長は今日奢るより、初給料で何かプレゼントするようにいいます。

泉もその提案に賛成し、何をプレゼントしようか悩み始めました。

◆プレゼントの相談をした相手は・・・

泉がプレゼントの相談をした紐野は、いつもプレゼントされる側だからわからないと言います。

泉は自分から相談したくせに、紐野のことをさすがヒモだと呆れました。

紐野は相談する相手を間違えていると笑います。

泉はプレゼントを相談することで、紐野と一緒に買い物デートができると思っていたので残念に思いました。

すると紐野が楽しそうだから一緒に探しに行こうと言ってくれます。

泉は紐野の優しい男ぶりにテンションが上がり、初デートだと喜びました。

泉と一緒に歩いていた紐野は突然立ち止まり、植物が好きなじゅりなら花はどうかと言います。

泉は紐野が会話の内容を、覚えていくれていたことに感動しました。

紐野は花を泉の耳に掛けて、可愛いと微笑みかけます。

泉は紐野にときめいて、鼻血が出そうでした。

紐野は花屋で鼻を見繕ってもらおうと言い出します。

泉はじゅりなら白い花が似合いそうだと、紐野の提案に乗りました。

そして耳に掛けられた花を、花屋に戻そうとします。

すると紐野はその花を購入し、頑張っている泉美にプレゼントしました。

紐野が泉にプレゼントした花はアネモネ。

調べたアネモネの花言葉は君を愛す。だったので、泉ははしゃいでしまいます。

◆じゅりの部屋に電気が・・・

泉が帰宅すると、既にじゅりの部屋には電気がついていました。

泉はせっかくサプライズしようとしたのに、今日に限ってじゅりが早く帰ってきていることを残念い思います。

じゅりは泉が心配で仕事を早く切り上げて、帰らせて貰ったのです。

泉は初任給で買った花束を、お世話になっているお礼だと言ってじゅりに渡しました。

じゅりはうれしいとお礼を言いますが、表情は暗いままです。

泉は喜んでくれたらよかったと言って、花瓶を探し始めました。

するとじゅりは少し前に、高校で仲良かった友達のむっちゃんに会ったことを泉に話します。

泉は久しぶりだけど元気だったか問いかけ、むっちゃんには子供が生まれていたはずだと言いました。

明るく話す泉にじゅりは、ミチが事故で亡くなったことを聞いたと言います。

シンクの下から花瓶を引っ張り出した泉は、ミチの話はスルーして花を渡してと言いました。

泉が花を花瓶に刺していると、じゅりは土曜日に1人で何をしているのか尋ねます。

土曜日は泉がミチと会う約束をしている日です。

ミチがいなくなった今も、泉は土曜日はミチに会いに行くと言って出かけていました。

泉はミチとお話していると言います。

そして何事もなかったように、むっちゃんの話題をし始めるのです。

心配になったじゅりは一緒に行くから明日病院に行こうと言いました。

泉は全部わかっているから大丈夫だと笑います。

じゅりがわかっているとはどういう意味かと思っていると、泉はミチは死んじゃったんだと笑顔で言いました。

シバコロ
シバコロ
『わたし、今日から「おひとりさま」』第7話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第7話では、最後のミチちゃん死んじゃったんだよ。と花を活けた花瓶を持って笑う泉がすごく印象的でした。
狂気じみた笑顔でもなく、本当に普通の笑顔。
死んだのを認めたくないだけかとも思いましたが、死んだことは認めている様子。
泉が何を考えているのかわかりません。

『わたし、今日から「おひとりさま」』7話「初デートからのサプライズ」感想まとめ

言い合いの様になって気まずい状況だったけれど、ミチが亡くなっていることを聞いたじゅりは泉を心配してバイト先までやってきましたね。

泉はじゅりの部屋にやってきた時と、変わった様子は見受けられません。

だからじゅりは泉がミチの死を、受け入れることができていないのだと思って心配しているのでしょう。

でも泉はじゅりと一緒に暮らしていたから、変わらずに入れたんじゃないんでしょうか。

だから初任給でお礼の花を買ったんだと思います。

けれど紐野と買い物デートを楽しむ余裕はあるんですよね。

それはミチが幸せになってと言ったからなのでしょうか。

もし自分が泉の立場だったら、元夫の順をめちゃくちゃ責めまくったかもしれません。

それこそ働きに出るなどできずに、部屋でただ呆然と過ごしていたかもしれません。

それを考えると何も考えていないアホな子に見えていた泉は、強い女性な気がしてきました。

いくら何も考えてないと言っても、自分の娘が亡くなったことも考えないことは無いと思うので、泉はわざと普段通りにしているんだと思います。

それがミチの意思だからなのか、周囲に心配を掛けない為なのわかりませんが。

どっちにしてもかなり強い心の持ち主だと思います。

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!