女性・少女漫画

【夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―】3話ネタバレ|刺客からユオを守り、けがを負ったヒルマは…?

フラワーコミックスで掲載中の『夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―(島袋ユミ先生)』の第3話のネタバレと感想をまとめました。

【『夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―』前話あらすじ】

「俺の部屋に、今夜来い」

憧れだったユオにそう告げられて、顔を赤くするヒルマでしたが、一方でそんな様子を見ていたアームは、面白くないようで…?

\『夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―』第3話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―』第3話 ネタバレ

◆毒を入れたのは…?

ヒルマが作ったクッキーには毒が盛ってあり、そんなことからクッキーを食べたユオに責められるヒルマ。

ですが、ヒルマには見覚えがないと口にしても、ユオが信じてくれることはありませんでした。

 

「どんなつもりでやった、お前はどこの刺客だ?」

騒ぎに衛兵たちもやってきて、多くの兵士たちに剣を受けられるヒルマ。

それでもヒルマは、どうか伝わってほしいと「ユオ様に助けて頂いたあの日から、私はユオ様だけが好きなんです。だから、毒なんて…」とユオに必死に弁解します。

しかし、そんな言葉も信じてもらえないまま、髪を捕まれ、昼間は乱暴に扱われてしまいます。

「誘惑して命乞いまでして、お前の行動は不愉快だ」

そうしてヒルマは手枷をされた後に、強く突き飛ばされてしまうのです。

 

「酷いなー本当に、なんでこんなユオが女にモテるんだろう?」

そんな中、いつもの様子でアームが飄々とやってきました。

それからアームは、手枷をされてボロボロになっているヒルマに近づくと「やっぱり君は、手枷が似合うよね」なんて微笑むのです。

そうして、毒で息苦しそうなユオには解毒剤を渡し、同時に、衛兵たちの奥から投げ出される1人のメイドの女。

実は、毒を盛った犯人はヒルマの傍にいたメイドだったのです。

◆事件の真相

「この女は隣国の資格で、魔獣も手懐けれるし、僕たちを狙うつもりだったみたい。尋問で吐き出させたけど、まぁそんな感じ」

アームからの報告に、顔つきが険しくなるユオ。

なによりユオは、ヒルマのことを犯人だと誤解した上に、酷く扱って傷つけてしまっているのです。

「ねぇ、ヒルマが裏切り者だと思って、暴走しちゃったわけ?」

そうして、アームがそんな言葉をユオに告げたころ、大人しくしていたメイドの女がいきなり動き出しました。

衛兵に突進して、持っていた剣を奪うと、そのまま傍にいるユオのことを指そうとした女。

しかし、そんな間に割り込んだのは…ヒルマで…。

 

女のこと、足蹴にしたものの、ヒルマの身体に剣が刺さり血が溢れてきました。

すぐにアームに支えられますが、言葉を話そうとするだけでも傷口が広がって痛みが広がるヒルマ。

ですが、そんな中でもヒルマは自分が庇ったユオに声を掛けます。

「ユオ様、大丈夫ですか?」

しかし、そこで見たのはユオの困ったような表情で…そんな表情に自分は余計なことをしたかもしれないと、ヒルマは胸を痛めました。

◆熱のある身体

その後、痛みがあるヒルマはアームによって抱かれて、部屋まで送ってもらいました。

そうして、アームによって優しくされるたびに、ヒルマは自分のダメなところが浮かんできてしまいます。

女としての魅力もなくて、こうして困らせてしまって…そんな風に、自分は空回りばかりで…。

「本当に、ごめ…んなさい…」

そこで、ヒルマは酷く泣きそうな顔をしながら…その後、そのまま意識を手放してしまうのです。

 

一方で、そんな様子を見ていたアームはヒルマに頬を寄せました。

「早く、僕を好きになれば良いのに…」

そう、アームは意識のないヒルマに囁いたのです。

 

その後、けがは治癒魔法で完治したものの、細菌が原因なのか熱が残ってしまったヒルマ。

そこでは、ヒルマが熱に苦しんでいると面白がったアームが、何やら楽し気に世話をしに通ってきていました。

しかし、頻繁に来てくれるヒルマに比べて、一切姿を見せてくれないユオ。

そんな出来事は、ヒルマにとっては少し悩ましいことでした。

◆君だけが特別

そうして、毎日ヒルマの看病を死に来てくれたアームですが、ある日、そんなアームは意地悪気にヒルマに声を掛けます。

「ユオは、全然来てないんじゃない?本当、嫌な奴だよね。いくらヒルマのことが嫌いでも、無実の罪を着せたのに謝りにすらこないなんて。それに殴ったりしてきてさ、そもそもヒルマが男を見る目がないんじゃないの?」

それは、アームが【未だにユオを好きでいるヒルマ】に向けて告げた皮肉でした。

そんな言葉には傷ついて泣いてしまうヒルマ。

 

「ねぇ、そうやってユオを想って泣くの辞めたら?」

それから、ヒルマはアームによって強引に体に触れられてしまいました。

「ほら、俺って氷属性だから、触るとひんやりしない?…少しでも、熱が触ると思ってさ」

着ていた洋服の胸元から手を入れられ、胸に触られてしまうヒルマ。

その後、舌で愛撫されたり、指でつねられたりとヒルマはすっかりアームにされるがままでした。

 

抵抗しようにも、ヒルマの熱のある体ではうまく動くことが出来ません。

「君だけが特別なんだよ。君だけが僕に全力でぶつかってくるから、心地いいんだ。…だから、俺を使いなよ。嫌なことがあったら俺を罵ったり、殴ったり。そんなことを君にされても許してあげる」

そうして、そんな台詞まで告げられてしまい、いつの間にかユオに対してもやもやしていたヒルマの気持ちは、アームの言葉によって和らいでいきました。

◆夜中の来訪

その日の夜のこと。

ヒルマの部屋には、ユオが訪れており、眠っているヒルマを見ると、ユオは小さく「あの時はすまなかった」と声にするのです。

しかし、そんな様子を夢心地に見ているヒルマ。

そんなヒルマは、目の前にユオが居るなんてまるで夢だと感じていました。

『怒られた子供みたいに、困った顔をしている』

そうして、これは夢だからなんて感じて、そんなユオの頭を撫でることにしたヒルマ。

そこではユオに怪我を心配されると、「ユオ様こそ、大丈夫?」なんて微笑んで…そこでまた、眠ってしまうのです。

 

「お前、酷いことされた自覚があるのか?」

一方で、そんなヒルマの微笑みに、ユオは困ったようにしながらも、顔を赤くしていて…?

シバコロ
シバコロ
『夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―』第3話はここまで!
ミケネコ
ミケネコ
第3話では、ユオを守って怪我をしたヒルマのことを、アームが運んでくれるのですが…怪我をしてそのまま意識を失ってしまったヒルマに対して「早く、僕を好きになれば良いのに」なんて囁くヒルマ。

もうこのセリフがめちゃくちゃ最高ですし、そんなアームの切なそうな表情も素敵でした!!

\『夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―』第3話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

『夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―』第3話 感想まとめ

今回はいつも以上に、三角関係を楽しめるお話で、見ていてもうドキドキでした!!

ヒルマって、自分は勘違いされて責められて、殴られて…それでも、初恋のユオのことを嫌いになんてなれないんですよね。

そんなことから、散々冤罪で責められた後でも、ユオが刺客に狙われると、自分の身を投げ出して助けに入るヒルマ。

もう、ヒルマのそんな健気なシーンにドキドキです!!!

 

一方で、ヒルマがユオに一途なのが気に食わないアーム。

それでも、アームが看病に来てくれたり、甘い言葉を囁いてくれたり…そんなシーンは本当に最高でした!!

そうして今回、アームの貴重な眼鏡姿も見逃せませないところかなと思います!!

 

それから、完全に空回りして冤罪のヒルマを痛めつけてしまったユオ。

そんなユオが、今回ラストのシーンでヒルマに謝りに来るのですが…眠っているヒルマに微笑みかけられ、顔を真っ赤にしちゃうユオ。

ユオもヒルマに惹かれちゃう展開ですよね!!

こんな3人の三角関係の行方は一体、どうなってしまうのか?

次回のお話も楽しみです!!

\『夜伽の双子―贄姫は二人の王子に愛される―』第3話を無料で読む/

※月額登録で20,000P還元キャンペーン実施中!会員は3分で完了です!

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!