青年・少年漫画

【ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない】6話ネタバレ|助けを求める女性から無線が!?

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』のネタバレ記事まとめはこちら↓

https://www.vlhl.jp/zonbino-matome/

増田ちひろ/裏地ろくろの作品『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』の第6話のネタバレと感想をご紹介します。

《『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』の第5話ネタバレおさらい》

深月が武村の上に跨り体を動かそうとすると、武村が深月に覆い被さるようにしてそのまま体を上下に動かし… ?!

前話>>『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』第5話のネタバレはこちら

シバコロ
シバコロ
※以下ネタバレ内容を含みますが、『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』はU-NEXTの無料お試し体験で無料で読むことができます!

\ 『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』を無料で読む方法! /

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』は、U-NEXTの無料お試し体験に申し込むと1円も払うことなくタダで読むことができます!

今なら31日間の無料お試し期間中にもらえる600ポイントで無料で読めます♪

※無料お試し登録で1P=1円で使えるポイントが600ポイントもらえます!無料お試し期間中に解約しても0円!

 

 

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』第6話「ある変化」ネタバレ

武村が3日で戻ると言って、ここを出ていってから4日。

深月は戻りが遅れている武村に何かあったのかと、心配していました。

屋上に洗濯物を欲し終えた深月は、武村ならきっと大丈夫と考え直します。

深月は武村に任されたことをやり始めました。

まずは燻製。

食材を香りのいい木材を燃やした煙や、高温の煙などでいぶす燻製を保存食として作ることでした。

専門の道具がなくても、燻製はダンボールでも作れるので深月は、自作で燻製器を作ることも視野に入れながら作業します。

次は、水耕栽培です。

山に移動してから初めて作物を作るのでは、どの程度成功するのかわかりません。

山に行く前の練習として、収穫の早い葉物野菜を試していました。

日当たりや温度での違いを確かめるため、深月が成長記録を取っていたのですが、優と隆司の希望で、今後は2人の仕事にすることにします。

深月は成長記録をとる優と貴志の笑顔をみて、自分の絶望が伝染してしばらく笑顔を見せなかったと実感しました。

希望を持つのが難しい今ですが、深月は暗い顔ばkらいしているのは止めようと心に誓います。

深月は武村がゾンビを外に追い出した衣料品売り場にやってきました。

必要なものを揃えた深月は、制服風の服を着てなつかしさに浸ります。

そんな深月の背後に現れたのは、武村でした。

武村は外で必要なものを揃えていたのですが、外のゾンビが減ってきていると報告します。

どうも屋内や地下に潜っているようなのです。

深月や優と貴志を連れて山に行くには都合がいいのですが、武村は気になることがあるようでした。

深月は武村から任せていたことの、思考状況を確認されます。

深月は任されたことは終わっていることを報告し、山に移動してからの自給自足計画をまとめたノートを武村に差し出しました。

ノートに一通り目を通した武村は深月の賢さに感嘆し、今後頭脳作業は深月に任せた方がよさそうだとつぶやきます。

深月は武村に褒められて、思わず顔がほころんでしまいました。

武村はそんな深月の、制服風の服装はなんなのか尋ねます。

深月は気分転換のつもりだったと答えました。

深月の制服姿に欲情した武村は試着室の鏡に手をつくように言い、後ろから深月の中に自身を埋め込みます。

服を着たままの行為に深月も興奮したのか、甘い声がもれました。

背後から深月を何度も突き上げる武村は深月の顔を鏡に映し、気持ちよさそうにしている顔を自分で見るように仕向けます。

深月は自分のいやらしい姿に恐怖を覚えて、武村にこれは怖いと訴えました。

武村は深月の希望を汲み取り、試着室に横たわらせ行為を続けます。

武村は達すると身体を起こして、深月から離れようとしました。

しかし深月が武村の服を握りしめていたので、武村は力を緩めてそのまま深月に覆いかぶさりました。

武村の体重を感じた深月はは、呼吸を整えながら笑顔を浮かべます。

その後、武村はトラックに積んでいる荷物の確認に行きました。

するとドアの方から物音がします。

武村が振り返ると、そこにはゾンビがいたのですが、武村はこのゾンビの匂いが他のゾンビと違う気がしていました。

そこにトランシーバーで深月からの連絡が入ります。

女性が無線で助けを求めているというのです。

武村はすぐに深月の元に駆けつけました。

深月が言う通り、無線からは助けを求める女性の声が流れてきています。

武村は深月にここの場所を言わず対応してみるように言いました。

深月が声をかけると、無線の向こうの相手は大きな声で助けを求めます。

深月が女性の居場所を尋ねても、女性は知らないの一点張りで、逆に居場所を教えるように言ってきました。

武村は話の途中で無線のスイッチを切ります。

女性の後ろで足音が聞こえていたというのです。

武村は女性は何かの囮だと判断したのでした。

 

その晩。

武村は暖房が切れて目を覚まします。

原因を確認しに、武村と深月は屋上に上がりました。

そこから見えた景色は、一面の闇。

町中が停電していたのです。

その上大規模な火災も起きていました。

武村は深月に優と貴志を起こして、出発す準備を始めさせておくように言います。

そして武村自身は何が起きているのか、様子を見に行くことに・・・。

>>ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 第7話ネタバレに続く

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』を無料で読む方法

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』は、コミックシーモアで先行配信されています。

2021年9月23日までは1巻〜2巻の無料版が配信されていて、無料で読むことができますよ。

またコミックシーモアでは無料会員登録をすると半額クーポンがもらえるので、3話以降を半額で購入することが出来ます。

※コミックシーモアでは、新規月額メニュー登録をすると登録金額分のポイント(最大20,000P)が全額返ってくる入会特典キャンペーン実施中!

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』第6話「ある変化」感想まとめ

また謎が増えましたね。

一つも謎はわかっていないのに、増えていく一方。

ゾンビ風なのに今までのゾンビと違う匂い?

助けを求める女性の無線と、その背後の足音?

更には突然の停電に、突然の大規模火災。

謎だらけです。

そして深月は武村を完全に信用してしまいましたね。

それどころか、どちらかというと好意を持っている感じっぽいですね。

強引に抱かれた後に、離れないでいてくれたことに安心感を抱くとか・・・。

これも一種のストックホルム症候群なのでしょうか。

それとも吊り橋効果?

深月の身体も反応するようになり、武村にとっては願ったりかなったりなのでしょう。

けれどがっつり行為のシーンが描かれているので、嫌な人もいるかもしれません。

同意の上ではありますが、付き合っているわけではない相手ですし、最初は脅しだったということもありますから。

今では関係性も少しずつ変わってきて、武村と深月と優と貴志。

まるで一つの家族のようになってるとは思いますけどね。

>>ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない 第7話ネタバレに続く

▼漫画をお得に読める電子書籍サービス特典一覧▼
サービス名 特典
まんが王国 ・購入金額の最大50%ポイント還元
無料で読めるマンガの数が豊富
U-NEXT ・31日間無料トライアル
・無料トライアルで600円分のポイント
・継続利用で1200円分のポイント
コミック.jp ・30日間無料トライアル
・無料トライアルで1350円分のポイント
コミックシーモア ・無料会員登録で50%OFFクーポン
・月額メニュー登録で全額ポイントバック
大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】Amebaマンガ ・100冊まで半額クーポン
・LINE登録で毎週10%OFF
・月額プランは翌月全額還元
FODプレミアム ・2週間無料トライアル
・無料トライアルで900円分のポイント
error: Content is protected !!